東洋ゴム、北米でトラック用シングルタイヤを2商品発売

シェア:
カテゴリー: ニュース

 東洋ゴム工業は11月28日、トラック・バス用スーパーシングルタイヤの新商品を来年春から北米市場で発売すると発表した。今回発表した商品はトレーラー軸用の「NANOENERGY(ナノエナジー)M175」と、トレーラーヘッド軸用の「NANOENERGY M675」の2商品でタイヤサイズはともに445/50R22.5の1サイズ。

「NANOENERGY M175」(左)と「NANOENERGY M675」

 新商品は同社が今年3月に技術を確立した新たなゴム配合技術を採用することで、高い耐摩耗性能を維持しながら、転がり抵抗を従来品と比較して約6%低減を達成した。

 北米市場では、積載量が高く、経済性にも優れたスーパーシングルタイヤが普及しており、東洋ゴムも2017年から供給を始めている。同社の製品では独自の技術により、タイヤの形状や耐久性を確保するとともに、車両の操縦安定性を向上させているのが特徴。一般的なダブルタイヤと比べて車軸1軸あたりの重量を約100<CODE NUMTYPE=SG NUM=831C>削減でき、その分積載量が確保できる。

 同社は2020年までの中期経営計画のタイヤ事業戦略の中で、トラック・バス用タイヤカテゴリーにおいて技術優位性の高いポジショニングの獲得を方針として掲げている。また、今後は新配合技術を活用した商品開発を積極化していく。


[PR]

[PR]

【関連記事】