「ミシュランガイド東京2019」掲載店発表 星の数が世界一に

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは11月27日、「ミシュランガイド東京2019」のセレクションを発表した。東京エリアを対象にしたミシュランガイドは2007年に発行して以来、毎年更新され、今回で12年目を迎えた。「2019年版」には484軒の飲食店・レストランと35軒の宿泊施設が掲載されており、13軒が最高評価の三つ星を獲得。また75軒の飲食店・レストラン、宿泊施設が新たに掲載された。

 今回、東京の星付きレストランは230軒で、パリの118軒を上回り、星付きの掲載店数で世界一の座を維持した。また、日本で初めて「おにぎり」のカテゴリーも登場した。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「新たな料理カテゴリーの登場などにより、セレクションがさらに豊かになり、進化を続ける東京のレストランシーンを反映している。良質な食材と素晴らしい腕前の料理人が国内外から集まる東京は、美食都市として世界をリードし続けるだろう」とコメントしている。

 書籍は11月30日から全国の主要書店で発売される。価格は税込3240円。


[PR]

[PR]

【関連記事】