ブリヂストン、北米でトラック用タイヤ増産 ウォーレン工場を拡張

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは11月16日、米テネシー州のウォーレン工場を拡張し、トラック・バス用ラジアルタイヤ(TBR)の生産能力を増強すると発表した。

 今後3年間で総額4000万ドル(約45億円)を投資し、2020年末までに生産能力を現在の日産9125本から9400本へ拡大する予定。北米で伸長するTBRの需要に対応する。

 同工場は1990年に設立した。従業員数は6月末時点で約1000名。


[PR]

[PR]

【関連記事】