キャンピングカーにも対応したTPMS「エアセーフAS-SV2」発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ: ,
レシーバーとセンサー
レシーバーとセンサー

 バスク(埼玉県志木市)は11月15日、TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)の新製品「AirSafe(エアセーフ)AS-SV2」を発売した。

 「エアセーフ」は、車内に装着するレシーバーに空気圧とタイヤ内温度をワイヤレス通信でリアルタイムに表示するもの。異常を検知した場合はアラーム音と点滅表示で警告を発する。今回の新製品は、タイヤ空気圧の監視設定範囲が従来モデルの210~360kPaから180~900kPaまで拡大したのが特徴。「一般的な市販のTPMSでは難しかったキャンピングカーや小型トラックに対応している」(同社)という。

 なお、新製品はスナップインバルブ(ゴムバルブ)のため、普通乗用車用の多くのスチールホイール及びアルミホイールに適応できる。近年はキャンピングカーの人気が高まっている反面、タイヤへの負荷が大きいことから重大なトラブルによる事故も発生している。同社では「空気圧の低下によるトラブルを未然に防止する目的も担っている」とし、幅広いユーザーに提案を行っていく。

 「AirSafe AS-SV2」のメーカー希望小売価格は税抜3万2800円。


[PR]

[PR]

【関連記事】