コンチネンタルとダイムラーが連携強化、アジアでビジネス拡大へ

シェア:
カテゴリー: ニュース
メルセデス・ベンツ-プリファード・パートナー認定証
メルセデス・ベンツ-プリファード・パートナー認定証

 コンチネンタルタイヤ・ジャパンは10月31日、独ダイムラー社が実施しているグローバル・メルセデス・ベンツ・アフターセールス・タイヤプログラムの一環として、アジア太平洋地域のプリファード・パートナーに認定されたと発表した。

 両社はアジア・太平洋地域でのビジネス拡大を進めている。この提携は日本や中国、インドなどアジア太平洋地域を対象としたもので、期間は2020年8月まで。独自のマーケティングコンセプトなどを開発するほか、共同で販売キャンペーンも展開していく。

 ダイムラーはアフターセールスビジネスにおけるタイヤ販売を拡大する計画で、今後タイヤのアフターセールスビジネスでコンチネンタルと協力関係を構築していく。

 また、コンチネンタルは2025年までの経営計画の中でアジア太平洋地域を重点地域として成長戦略に取り組んでいる。同社では「アジア太平洋地域の全てのマーケットでこのプログラムを支える専門チームを備える。積極的な営業・マーケティング活動を進め、タイヤビジネスの専門知識とトレーニングを提供していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】