日本ミシュランタイヤ、10年目の「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取」を発表

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは10月9日、京都と大阪および鳥取県のレストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」のセレクションを発表した。

 京都・大阪は2009年の「ミシュランガイド京都・大阪2010」発行から今回で10年目を迎え、3軒が10年連続で最高評価の三つ星となった。また、今回追加された鳥取県からは2軒が二つ星となり、そのうち1軒は日本初の蟹料理の飲食店だった。

 同社のポール・ペリニオ社長は、「今回、鳥取県を京都・大阪と一緒に紹介し、『もっと遠くへ、もっと楽しく、もっと快適に』というミシュラン創業以来の理念に、より近づいたガイドブックになった。今までに出会わなかった景色や飲食店、宿泊施設に出会える新しいエリア、鳥取を追加したミシュランガイドを持って素晴らしい体験に出かけてほしい」とコメントしている。

 書籍は10月12日から全国の主要書店で発売する。価格は税込3240円。


[PR]

[PR]

【関連記事】