住友ゴムの二輪車用タイヤ点検 整備不良率は15%に

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業はグループの二輪車用タイヤ販売会社である㈱ダンロップモーターサイクルコーポレーションが8月18日に実施した二輪車用タイヤの点検活動の結果を9月21日に発表した。

 この活動はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、2012年から毎年8月に全国の道の駅やレストハウスなどで実施している。

 6回目となった今回は全国6カ所で活動を実施。点検台数は合計616台で、94台(15.3%)にタイヤの整備不良が見つかった。不良項目では残溝不足が60台(9.7%)と最も多くあった。

 なお、今回の点検により、累計点検台数は3317台となっている。


[PR]

[PR]

【関連記事】