住友ゴム 電動車のシンポジウムで最新技術を展示

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は9月30日から10月3日まで神戸市の神戸コンベンションセンターで開催される「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会&EV技術国際会議2018」(EVS31& EVTeC 2018)に協賛するとともに、展示会に出展すると9月20日に発表した。

 このイベントは、電気自動車や燃料電池自動車など電動車の研究発表や展示を行う世界最大級のシンポジウム。日本での開催は12年ぶりとなる。

 同社のブースでは、自動運転など未来のモビリティ社会で求められる性能を実現する技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」(スマートタイヤコンセプト)を紹介する。また会期中の10月1日にはセンシング技術をテーマとして出展者セミナーを行う。


[PR]

[PR]

【関連記事】