横浜ゴム「国際物流総合展」へ出展 愛知タイヤ工業の製品も展示

横浜ゴムのブースイメージ

 横浜ゴムは9月11日から14日に東京ビッグサイトで開催されるアジア最大級の物流展示会「国際物流総合展2018」にブースを出展する。同社の商品ラインアップとサポートサービスを紹介し、物流の足元を支えるグループの総合力を訴求する。

 展示ブースは2017年3月から横浜ゴムグループに加わった愛知タイヤ工業のブースと横浜ゴムのトラック用タイヤブースで構成する。愛知タイヤ工業のブースでは、主要フォークリフトメーカーで採用されているエンジン車用タイヤやバッテリー車用タイヤを紹介する。また、横浜ゴムのブースでは、トラック用タイヤとして3月に発売したオールシーズンタイヤ「710R」や舗装路・高速走行用のトレーラー向けワイドベースシングルタイヤ「MY507A」を展示。併せて両商品のリトレッドタイヤも参考出展し、リトレッド技術とユーザーのコストメリットを訴求する。

 製品のサポートサービスでは、点検データ分析によりタイヤ運用をサポートする「T.M.S(タイヤマネージメントシステム)」やリアルタイムのタイヤ空気圧モニタリングシステム「HiTES」(ハイテス)を含め、次世代のサポートサービスのコンセプトを紹介する予定。

 同社は2018年からスタートした3カ年の新中期経営計画のタイヤ生産財戦略においてオフハイウェイタイヤを成長ドライバーとした事業拡大を掲げており、フォークリフトなどの産業車両用タイヤに加え、農業機械用・林業機械用・建設車両用タイヤの国内外での販売強化に取り組んでいる。


[PR]

[PR]

【関連記事】