ブリヂストン、植物由来ゴムの研究プロジェクトに参画

シェア:
カテゴリー: ニュース
植物原料由来イソプレンを用いたタイヤ製造プロセス(イメージ図)

 ブリヂストンは8月31日、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けた研究プロジェクトに参画すると発表した。

 天然ゴムは世界的なタイヤ需要の拡大とともに消費量が増加すると予想されており、複数のタイヤメーカーが天然ゴムや石油由来の合成ゴムに代わる材料の研究開発を活発化させている。今回、同社が参画する「植物原料由来イソプレン及び高機能イソプレン誘導体製造技術の社会実装に向けた課題抽出」プロジェクトは、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けて製造技術や精製・重合技術、コストに関する調査研究を通じて課題抽出を行うもの。

 同社は以前から天然ゴムを代替する材料を人工的に合成する研究を進めており、2016年には独自の触媒技術を用いて天然ゴム以上の性能を持つポリイソプレンゴム(合成ゴム)の合成に成功した。植物原料に由来するイソプレンを用いることも可能な同技術の実用化に向けて、プロジェクトに参画する三菱ケミカルリサーチやJSR、三菱ケミカルと連携する。

 同社では「タイヤ原材料の安定供給源確保や製造プロセスの確立といった検討課題を明確にし、植物由来原料を用いたタイヤの商用化を目指す」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】