ランクセス、岩手県で化学実験教室を開催

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独ランクセスは7月30日、東北復興支援の一環として岩手県・下閉伊郡山田町で小学生を対象にした化学実験教室「つくってまなぼう!わくわく実験教室」を今年も開催すると発表した。

 この取り組みは、子どもたちに楽しみながら化学の知識を学んでもらうことを目的にしたもの。5回目の開催となる今回は、「コンクリートを学ぼう!」をテーマにコンクリートの組成や化学反応に関するレクチャー、着色顔料を使ったカラーコングリート作品づくりなどを行っていく。

 8月17日には山田南小学校放課後児童クラブ、8月18日に山田町ふれあいセンター「はぴね」でそれぞれ開催する。地元の小学生約50名が参加する予定。

 同社は、東日本大震災により被災した子どもたちを支援するため、2011年から公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンの活動をサポートしている。その中で子どもたちへさらなる支援の拡充を目指し、2014年から宮城県内で化学実験教室を開催するプロジェクトをスタートした。


[PR]

[PR]

【関連記事】