住友ゴム 全国で二輪車用タイヤの安全点検活動を実施

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴムグループの二輪車用タイヤの販売会社であるダンロップモーターサイクルコーポレーションは8月18日に全国6カ所で「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を実施する。

 この活動は、毎年8月19日の「バイクの日」前後に開催しており、今年で6回目。今回は神奈川県足柄下郡や福島県喜多方市などで二輪車用タイヤの安全点検を行う。

 当日は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、残溝チェックや表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を行う。また、タイヤの安全で正しい使用・管理方法を紹介するチェックカードを配布し、ライダーに日常点検の重要性を啓発する。

 なお、これまでのタイヤ点検台数は延べ2701台。昨年の点検台数は426台で、そのうち98台(23%)に残溝不足やひび割れといったタイヤ整備不良が見つかった。


[PR]

[PR]

【関連記事】