東洋ゴムの環境保護基金 今年度の基金助成先を決定

シェア:
カテゴリー: ニュース

 東洋ゴム工業は7月26日、「東洋ゴムグループ環境保護基金」の2018年度の助成先を決定したと発表した。

 同基金は国内外の環境保全活動に取り組む団体などに対して資金援助を行うため1992年に創設した。今年4月時点で延べ821団体に累計4億4000万円を助成してきた。

 今年度は公益財団法人大阪コミュニティ財団を通じて24団体に総額600万円、公益社団法人日本フィランソロピー協会の5団体に総額500万円を助成する。さらに、同社が自主的に選定した10団体には総額1500万円の助成を実施する。

 なお、同社は2019年度の助成公募を9月28日まで実施している。対象となるのは里山・森林・緑化整備運動や生態系保護活動、地域環境整備活動などを行う団体や事業。


[PR]

[PR]

【関連記事】