ブリヂストン「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に参戦

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは7月26~29日の4日間、鈴鹿サーキットで開催される2017-2018 FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」に参加する19チームをサポートする。

 同レースは、日中の路面温度が60度を超えることもあり、車両にもライダーにも非常に過酷な競技。また昨シーズンからEWCの最終戦となり、グローバルでの注目度も高まっている。なお、ブリヂストンタイヤの装着車両は2006年から12年連続で優勝を果たしている。

 同社はチームへの支援とともに、サーキット内に特設ブースを設ける予定。今回は二輪車用タイヤブランド「BATTLAX」(バトラックス)の紹介やドライバートークショーなどを開催するほか、「バトラックス」ブランド35周年を記念したヒストリーパネル展示も行う。


[PR]

[PR]

【関連記事】