ヨコハマタイヤ装着車「全日本ダートトライアル選手権」D部門で6連覇

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムの「ADVAN」(アドバン)ラリー・ダートトライアル用タイヤを装着した谷田川敏幸選手の「ADVAN トラスト クスコ WRX」が全日本ダートトライアル選手権のD部門(改造無制限クラス)において2018年シリーズチャンピオンを獲得した。

ADVANカラーの「ADVAN トラスト クスコ WRX」
ADVANカラーの「ADVAN トラスト クスコ WRX」

 これにより「ADVAN」と谷田川選手は2013年から同クラス6連覇の偉業を達成し、「ADVAN」の高い戦闘力を実証した。装着タイヤは一般ダートから硬質ダート用「ADVAN A053」、超硬質ダート用「ADVAN A036」、軟質ダート・砂利用「ADVAN A031」の3種類。

 「ADVAN」が今年誕生40周年を迎えることを記念し、“Red in Black”の伝統のADVANカラーマシンで参戦している谷田川選手は7月7日~8日にモーターランド野沢(長野県)で行われた第6戦で1位を獲得。6戦中5戦を優勝で飾る圧倒的な強さを発揮し、3戦を残してシリーズチャンピオンを決めた。

 ダートトライアルは市販車を一部改良した車両を使い、泥ねい・砂利などダート路面のクローズドコースでの走破タイムを競う競技。比較的簡単に参加できるモータースポーツとして人気が高い。同社は「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2018」を実施し、全日本ダートトライアル選手権をはじめ、ユーザー参加型レースを広く支援し、ヨコハマタイヤの認知度向上やモータースポーツの活性化に取り組んでいる。


[PR]

[PR]

【関連記事】