ブリヂストン、豪で産業変革研究プログラムに参画

シェア:
カテゴリー: ニュース
バラスト軌道イメージ
バラスト軌道イメージ

 ブリヂストンは5月23日、豪の鉄道インフラ次世代技術開発に関する「産業変革研究プログラム」に参画し、同国のウーロンゴン大学と共同で持続可能な鉄道インフラ技術構築に向けた研究プロジェクトを始めると発表した。

 このプログラムは、鉄道インフラ次世代技術開発を見据えた産学連携の推進及び研究者の育成を目的としたもの。豪州研究会議の支援のもと、ウーロンゴン大学を含む8大学と11組織が連携して行う。

 同社とウーロンゴン大学の共同研究では、鉄道のバラスト軌道の耐久性向上に向けて枕木やバラスト、路盤への使用済みタイヤの活用などの研究を進めていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】