2017年シーズンの冬タイヤ、販売本数1割増、単価は6%上昇

シェア:
カテゴリー: ニュース

 マーケティングリサーチ会社のGfKジャパンが4月10日に発表した乗用車用冬タイヤの販売動向によると、2017~2018シーズン(2017年8月~2018年2月)の冬タイヤ販売は本数ベースで前年同期から11%増加した。

 特に、各社が値上げを実施する直前の8月は前年同月の3.75倍と大きく伸長した。同月のタイヤ全体販売に占める冬タイヤの構成比は前シーズンの2%から7%へ拡大した。店頭ツールなどを活用した早期購入の訴求も後押しとなった。

 さらに、販売のピークとなった11月と12月は、寒波や降雪によりそれぞれ4%増、15%増と好調に推移した。首都圏などで降雪があった今年2月も21%増と伸長した。 

 また、冬タイヤの税抜き平均価格は、前年から6%上昇して9800円となった。

 この調査は全国のカー用品店やガソリンスタンドなどの販売実績をもとに市場規模相当に推計したもの。


[PR]

[PR]

【関連記事】