住友ゴムとJSR「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は2月20日に経済産業省と日本健康会議が共同で発表した「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されたと発表した。同制度は、日本健康会議が進める健康増進の取り組みなどをもとに、従業員の健康維持・増進に向けた経営を実践している法人を顕彰するもの。

 同社の定期健康診断や特定保健指導の推進による生活習慣病などの疾病予防、メンタルヘルスケアの充実といった取り組みが評価されたもので、昨年に続き、二度目の認定となる。

 また同社は2月21日に社員の健康維持増進活動を戦略的に実践していくため、「健康経営宣言」を制定したと発表した。

 定期健康診断時の人間ドックやがん検診、保健師による特定保健指導などによる生活習慣病などの疾病予防、メンタルヘルスケアの充実などに取り組んでいく。

  JSRは大規模法人部門において、経営理念や組織体制など5つの認定基準を満たし、かつ経済産業省の平成29年度健康経営度調査で優良な評価を得たことにより選定された。

 なお「中小規模法人部門」でも同社グループのJSRマイクロ九州と日本カラリングが昨年に引き続き認定されている。


[PR]

[PR]

【関連記事】