ブリヂストン アジア地区にソリューションツール「タイヤマティクス」導入

「Tirematics」のイメージ
「Tirematics」のイメージ

 ブリヂストンは1月18日、欧州で展開しているトラック・バス用タイヤのゲート式デジタルソリューションツール「Tirematics」(タイヤマティクス)を刷新し、2018年初頭からシンガポールやタイなどアジア・大洋州地域に導入したと発表した。今後、他の地域への展開も順次検討していく。

 「タイヤマティクス」は車両が運送事業者の拠点出入口を通過する際に使用し、高精度かつリアルタイムにタイヤの空気圧や温度情報を計測するツール。

 今回は新たに開発したクラウドベースの情報処理エンジンとセンサーを用いることで、取得した情報を車両管理者およびドライバーにフィードバックするまでの時間を、従来の約10分から数秒に短縮することが可能となった。また異常を検知した際にはドライバーに自動で通知し、トラブルの未然防止に繋げる。

 加えて、同ツールとタイヤ情報を管理するデジタルプラットフォーム「Toolbox」(ツールボックス)を連動させることで、タイヤのライフサイクル全体におけるタイヤ情報の管理・分析も可能となる。同社では「運送ソリューションビジネスの質を更に高めていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】