横浜ゴム ATGのインド工場で生産財タイヤ増強

 横浜ゴムは1月15日、インドでオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産能力を増強すると発表した。2016年7月に買収したアライアンスタイヤグループ(ATG)のインドにおけるタイヤ生産販売会社ATC Tires Pvt.Ltd.(ATCタイヤ社)のダヘジ工場(グジャラート州)の拡張工事を2018年2月から開始する。

 投資額は4550万ドル(約51億円)。これにより2019年末までに生産能力を現在の年産5万7000トンから1.6倍の9万1700トンまで引き上げる。今回の増強は、農業機械用タイヤを中心としたオフハイウェイタイヤの販売が好調であり、中期的に供給量が不足すると見込まれるため。

 ATGはイスラエルで1つ、インドで2つの工場を運営しており、増強を行うダヘジ工場は2015年3月に操業を開始した。同工場では、主力ブランドのアライアンス(ALLIANCE)、ギャラクシー(GALAXY)、プライメクス(PRIMEX)ブランドの農業機械用タイヤ、建設車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、林業機械用タイヤなどを生産している。従業員数は昨年12月末現在で1308名。

 横浜ゴムは、タイヤ事業戦略の一つとして生産財タイヤ事業の拡大に向けた戦略を掲げている。2015年の同社のオフハイウェイタイヤの売上高は約250億円だったが、ATGや昨年買収した産業車両用タイヤメーカーである愛知タイヤ工業㈱とのシナジーを発揮することで、2020年には売上高を1000億円まで伸ばし、世界市場でトップ5を目指す方針を掲げている。


[PR]

[PR]

【関連記事】