【ピレリ】2018年版カレンダーが完成 テーマは“ふしぎの国のアリス”

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ:

 伊ピレリは11月10日、米ニューヨークのマンハッタンセンターで2018年版のカレンダーを発表した。45作目となる今回は、イギリス人フォトグラファーのティム・ウォーカー氏が、英文学の名作である「不思議の国のアリス」を再現するものとなっている。

 撮影は今年の5月にロンドンで行われ、ミュージシャンや俳優など18名をモデルに起用。カレンダーには、28枚の写真を収めた。物語の主人公であるアリスは、南スーダンで生まれたモデルのダッキー・ソット氏が演じた。

 ウォーカー氏は「これまで多く語られてきたアリスの物語について、ルイス・キャロルが抱いていたイマジネーションの発端に立ち、これまでとは異なる原点を見出したかった」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】