【グッドイヤー】インテリジェントタイヤの試用開始

シェア:
カテゴリー: ニュース
Tesloop
(Tesloop社の公式サイトより)

 米グッドイヤーはこのほど自動運転用の電動コネクテッドカーを製造する米Tesloop社の車両に、インテリジェントタイヤが採用されたと発表した。

 インテリジェントタイヤにはタイヤの温度や空気圧を継続して測定できるワイヤレスセンサーが装着されている。センサーから収集した情報を他の車両の運行データと併用し、また独自のアルゴリズムと組み合わせることで、全ての車両のフリート運行を強化するとともに、タイヤの補修や交換のタイミングも予測できるという。

 Tesloop社は2015年に設立し、テスラ製の電動自動車の管理と運用を行っている。グッドイヤーは今年1月からTesloop社と提携し、自動運転車がタイヤに及ぼす影響について研究を行っている。

 今回の連携により、グッドイヤーは車両運行者が燃料効率を最大化し、またタイヤ関連の事故を未然に防ぐことができる商用車フリート向けソリューションの実用化を目指す。

 グッドイヤーのクリス・ヘルセルCTOは、「輸送業界における技術の進歩に歩調を合わせ、そこで利用される車両のインテリジェンスレベルに合わせたイノベーションの開発に一歩を踏み出す」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】