9~10月は点検整備強化月間 ドライバーに点検の重要性を

シェア:
カテゴリー: ニュース
LOVEキャラバン出発式
女性ドライバーがタイヤ点検を体験

 国土交通省や自動車関連団体などで構成する自動車点検整備推進協議会は「自動車点検整備推進運動強化月間」(9月1日~10月31日)に合わせて、8月30日にお台場パレットタウン(東京都江東区)で「LOVEキャラバン出発式」を実施した。

 同協議会ではユーザーに点検整備の重要性を訴求する活動の一環として「LOVEキャラバン」と名付けたキャンペーンカーが登場するイベントを開催している。

 今回の出発式には国交省自動車局整備課の平井隆志課長らが出席。会場では芸人の「海原はるか・かなた」や女性ドライバーによるタイヤ空気圧点検のデモなどが行われた。

「海原はるか・かなた」
LOVEキャラバン出発式に参加した「海原はるか・かなた」

 平井課長は「本年度は『点検整備の必要性』やトラック・バスといった『大型車の適切な点検整備の実施方法』、2%燃費が向上するという結果が出ている『エコ整備』をお伝えしながら、点検整備をしっかりと行って頂く活動を積極的に進めていきたい」と挨拶した。

 また「車は皆様の足として必要不可欠だが、事故や排ガス問題といった負の部分も生んでしまう。こういった問題を減らすためには、日頃からの点検整備がなくてはならない。特に女性の方や若い方、更には長い時間車を使っている方々に点検整備の重要性をご理解いただきたい」と述べた。


[PR]

[PR]

【関連記事】