ゴムの破壊現象を解明 お茶の水女子大学など

シェア:
カテゴリー: ニュース

 国立研究開発法人科学技術振興機構は8月14日、お茶の水女子大学などの研究チームがタイヤゴムの耐久性向上の鍵である「速度ジャンプ」のメカニズムを解明したと発表した。タイヤに使用するゴムの耐久性や耐摩耗性向上に繋がることが期待される。

 内閣府が取り組んでいる革新的研究開発推進プログラムの一環として発表したもの。お茶の水女子大学の作道直幸特任助教らがゴムの高速破壊を引き起こす「速度ジャンプ」現象を単純化して数学的に定式化することに成功した。

 「速度ジャンプ」は、ゴムシートに生じた亀裂の進展する速度が、秒速1mm未満の低速から秒速1m以上の高速へと急激に転移する現象。60年前から知られている現象でありながら、その原因は解明されていなかったという。

 今回の研究により、耐久性を保ったままタイヤを薄くすることが可能となる。また重量の低減による低燃費性や原材料削減による省資源性、生産時の消費エネルギーの低減に繋がる可能性があり、従来になかったタイヤの性能向上を図ることも期待されている。


[PR]

[PR]

【関連記事】