横浜ゴム「タイヤサービスのICT化へ」

横浜ゴム 生産財製品企画部 部長 湯本 光行氏

 輸送業界は需要の伸び悩みにある中、燃料価格の高騰等によるコスト高をはじめ、ドライバー不足など、さまざまな経営課題を抱えている。このような状況下で「安全で安心な輸送」を、TBタイヤを供給する側からいかにサポートし実現に導くか。タイヤ業界にとって大きなテーマとなる。横浜ゴム生産財製品企画部の湯本光行部長に話を聞いた。

タイヤサービスの「ICT化」を目指す

 ――トラック・バス用タイヤの主な需要業界である輸送事業者が抱えている課題に対し、ヨコハマタイヤとしてどのような商品やサービス、ソリューションビジネスを提案し、課題解決へのサポートを行っているのでしょうか。

 湯本 輸送業界が抱えているもっとも大きな課題はドライバー不足と高齢化だと指摘されます。

 調べてみたのですが、高齢化は日本に限ったことではなく中国でさえそうなのです。世界的に見ても、ドライバーが足りないのが現状であり、今後はそれがさらに顕著になるだろうと推測されているようです。

 また、輸送業界においてはコンプライアンスの徹底をはじめ、労働環境の改善などの課題も多くあります。これらのことを重ね合わせて考えますと、コスト高という問題にいずれも密接に関わってきます。とくに、大半を占める中小の事業者にはそれが大きくのしかかっており、利益を上げにくい構造となっています。これらの点から、輸送事業者は、非常に厳しい経営環境に置かれていると言われています。

 そのような中、輸送事業者が目指す方向は二極化していると思われます。一つは効率化を追求することでトータルでコストダウンを図り、利益を上げていこうというタイプ。もう一つは出費をできるだけ減らすことで利益を確保しようというタイプです。これは日本市場だけでなく、世界的に顕著に表れつつあります。

 このような傾向に対し、ヨコハマとしていかに対応するのかということですが、二極分化の一方であるトータルコストダウンというタイプについては、当社独自のトータルパッケージプランである「エコメソッド」というソリューションのご提案を行うことで解決できるものと考えます。

 もう一方の出費を減らそうというタイプについてはエコタイヤを推奨することで対応できます。運行3費と言われる中で燃料費が約7割を占めていますが、転がり抵抗の低いタイヤを装着することで燃費の改善が期待できます。

 このようにタイヤとサービスを含めたソリューション、タイヤ単体での性能で運行経費を下げるご提案を行う方法があります。

様々な要素を含む「ZEN」

 ――ヨコハマの低燃費タイヤとして「ZEN」シリーズがあります。タイヤ単品でのソリューションに当たるタイヤだと思われますが、そのアピールポイントをご紹介ください。

 湯本 「ZEN」は2007年から打ち出したコンセプトです。この「ZEN」は、転がり抵抗の低減を追求しただけのタイヤではないのです。総合環境性能と言いましてさまざまな環境性能を高めたタイヤです。

 具体的にどういうことかと申しますと、まずケーシングを長寿命化しています。もう一つはトレッドの耐久性を向上させています。つまりケーシングの耐久性を上げることで台タイヤの長寿命を実現し、トレッドの耐久性を上げることで耐摩耗性を向上させる。そして転がり抵抗を低減しているのです。タイヤとしての基本性能を高め、転がり抵抗を低減することでトータルの運行経費を下げるというのが、「ZEN」のコンセプトです。

 エコタイヤはエコロジー、環境性能とともにエコノミー、経済性という意味合いも強いのですが、「ZEN」はエコノミーとエコロジーだけではなくプレミアムという概念を含んでいるものなのです。

 ですから、「ZEN」は先ほど申しましたタイヤ単品でのソリューションとしても対応しますし、トータルコストダウンを図る「エコメソッド」にも含まれており、二極分化が進む中でその両方に活用することができる商品だと言えます。

 ――トータルコストダウンで利益を上げていくというタイプにはトータルパッケージプランの「エコメソッド」を推奨されているのですが、この「エコメソッド」について詳しく解説してください。

 湯本 タイヤの一生を表す言葉で『ゆりかごから墓場まで』という表現があります。新品タイヤを使った後、リトレッドを行い、そのリトレッドタイヤが最終的に廃却されるまでタイヤを使い切る――そのサイクルを称して表現した言葉ですね。これはいわば、タイヤライフを時間軸で見た概念なのです。

 それに対し「エコメソッド」は、タイヤの持っている性能を100%使い切るために、タイヤを取り巻いている要素同士でお互いを助け合うというものなのです。分かりやすく言いますと、「ゆりかごから墓場まで」は縦の軸であるのに対し、「エコメソッド」はサークル、つまり円です。


[PR]

[PR]

【関連記事】