ニュース

存在感増すSUV用タイヤ、横浜ゴムは秋に新商品投入
ニュース 636
636

存在感増すSUV用タイヤ、横浜ゴムは秋に新商品投入

 横浜ゴムは7月6日に埼玉県内で試乗イベントを開催し、SUV・ピックアップトラック用タイヤの新商品「GEOLANDAR(ジオランダー)X-MT」を今年秋に国内で発売すると発表した。  新商品は本格的なマッドテレーンタイヤで、オフロード走行に適したデザインを採用したほか、悪路での使用を想定してサイド部の耐久性を向上するなど性能にもこだわった。  同社はこの数年間、「GEOLANDAR」シリーズの商品…

タグ: , ,
ミシュランの新たな技術コンセプト 各カテゴリーへ本格展開
ニュース 527
527

ミシュランの新たな技術コンセプト 各カテゴリーへ本格展開

 仏ミシュランが理念として掲げる“トータル・パフォーマンス”の一環として、摩耗が進んでも性能を維持するという技術コンセプトを打ち出し、国内市場も含めて幅広いカテゴリーで本格展開を始めた。  同社は昨年発表した乗用車用スタッドレスタイヤ「X-ICE3+」(エックスアイス スリープラス)で1万kmを走行した状態での氷上性能を1割向上させ、性能劣化を抑えることのメリットを前面に押し出した。  また、20…

タグ: , , , ,
「国際農業機械展」ブリヂストン、横浜ゴムが初出展
ニュース 671
671

「国際農業機械展」ブリヂストン、横浜ゴムが初出展

 7月12日から16日に北海道帯広市で開催される「第34回国際農業機械展」にタイヤメーカーからブリヂストンと横浜ゴム、日本ミシュランタイヤが出展する。  国際農業機械展は4年に一度開催される日本最大級の農業機械の展示会。今回は約130の企業・団体が出展を予定しており、ブリヂストンと横浜ゴムは初の出展となる。  ブリヂストンのブースでは、国内初導入となるブリヂストンブランドの大型トラクター用ラジアル…

タグ: , , , , ,
東洋ゴム「人とくるまのテクノロジー展名古屋」に出展
ニュース 155
155

東洋ゴム「人とくるまのテクノロジー展名古屋」に出展

 東洋ゴム工業は7月11日から13日の3日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」に出展する。  同社のブースでは、エアレスタイヤ「ノアイア」をはじめ、ナノレベルでタイヤのゴム材料をコントロールする「ナノバランステクノロジー」を採用し、より高度に低燃費化を実現した乗用車用タイヤなどを出展する。  また、「トーヨーサイレントテク…

タグ: ,
ブリヂストン ICT/IoTを活用したスマート工場化を推進
ニュース 576
576

ブリヂストン ICT/IoTを活用したスマート工場化を推進

 ブリヂストンは6月26日に都内で会見を開き、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)技術を活用することでスマート工場化を積極的に進めていく方針を発表した。タイヤの商品開発から製造、使用過程までバリューチェーン全体で得た情報のデータ解析やシミュレーションを行うことにより、従来以上に高品質かつ効率的な生産を目指すとともに、厳しい競争環境の中で確固たる優位性を築き上げていく。  同社は近…

タグ: , ,
西日本豪雨 現時点でタイヤメーカーの生産への影響なし
ニュース 920
920

西日本豪雨 現時点でタイヤメーカーの生産への影響なし

 西日本を中心に記録的な大雨が発生し、現地では土砂崩れなどの甚大な被害が出ているが、9日午前の時点で国内タイヤメーカー4社に生産面では大きな影響は出ていないもようだ。  住友ゴム工業は中国地方や四国、九州の一部の営業所で浸水の被害を確認している。また、横浜ゴムでは一部の販売拠点に浸水や雨漏りが発生した。尾道工場(広島県)については、13時頃の時点で「工業用水の取水設備が停止し、復旧には手間がかかる…

タグ: , , , ,
中国のダブルスター、クムホタイヤの筆頭株主に
ニュース 802
802

中国のダブルスター、クムホタイヤの筆頭株主に

 中国のタイヤメーカー大手ダブルスター(青島双星)は7月6日、韓国のクムホタイヤの株式の45%を取得したと発表した。これにより、ダブルスターはクムホタイヤの筆頭株主となる。ダブルスターによるクムホの買収は昨年、一旦白紙になっていたが、同社は今年4月にクムホタイヤの債権団との間で第三者割当増資により45%のクムホ株を6463億ウォン(約640億円)で取得することに合意していた。  現地の報道によると…

タグ: ,
横浜ゴム、従業員基金で大阪北部地震の被災地を支援
ニュース 134
134

横浜ゴム、従業員基金で大阪北部地震の被災地を支援

 横浜ゴムは7月3日、社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」を活用して6月に発生した「平成30年大阪府北部地震」の被災地に100万円を寄付したと発表した。  同基金は寄付を希望する従業員が会員となり給与から毎月1口100円を積み立て、集まった資金を環境保全や人権擁護などに取り組むNPO、NGOなどへの資金援助や重大な災害への義援金として拠出するもの。横浜ゴムは資金援助や災害義援金と同額を寄付…

タグ: ,
ユーザーの4割が低燃費タイヤの性能把握 GfKジャパン調査
ニュース 205
205

ユーザーの4割が低燃費タイヤの性能把握 GfKジャパン調査

 GfKジャパンが6月29日に発表した夏タイヤに関する消費者調査によると、一般ドライバーで低燃費タイヤの製品性能を把握しているのは39%、また新車装着タイヤよりも高性能な夏タイヤを購入したことがあるユーザーは37%であることが分かった。  同社によると、2017年に販売された夏タイヤで低燃費タイヤが占める比率は67%だった。市場でラベリング制度に適合した低燃費タイヤが主流になる中、「低燃費タイヤの…

タグ: , ,
住友ゴム、小学生を対象とした「絵手紙コンクール」を初開催
ニュース 99
99

住友ゴム、小学生を対象とした「絵手紙コンクール」を初開催

 住友ゴム工業は7月2日から全国の小学生を対象とした「ダンロップ 小学生絵手紙コンクール~わたし、ぼくの挑戦~」の作品募集を開始した。  同コンクールは、全国の小学生に挑戦することの大切さを知ってもらうことを目的として、今回初めて開催する。「今挑戦していること」「これから挑戦したいこと」など、大人になってもその気持ちを忘れないように、未来の自分に向けて前向きな思いを描いた絵手紙を募集する。  応募…

タグ: ,
オートバックスセブン、石川県と災害時の協定締結
ニュース 138
138

オートバックスセブン、石川県と災害時の協定締結

 オートバックスセブンは6月11日、石川県と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を締結したと発表した。大規模災害が発生した際に、石川県内のオートバックス、スーパーオートバックスの計10店舗を帰宅困難者の支援場所として開放する。  大規模災害が起きると、通勤や通学、買い物などで外出中の場合は公共交通機関が不通となる可能性が高く、多くの人が徒歩で帰宅すると考えられる。  同社は外出先から帰宅が…

タグ: ,
東洋ゴム、ノイズを低減する新技術を開発 来年実用化へ
ニュース 1,255
1,255

東洋ゴム、ノイズを低減する新技術を開発 来年実用化へ

 東洋ゴム工業は6月29日、タイヤの空洞共鳴音を最大で75%低減するデバイスを開発したと発表した。この技術を搭載した乗用車用タイヤを2019年前半に市販する予定。  空洞共鳴音はタイヤが路面からの入力を受け、内部の空気が振動して発生するノイズ。同社では音に関する課題を解決する新技術「トーヨーサイレントテクノロジー」を活用して、タイヤ内部の空気が走行時にどのような状態になっているかを可視化することに…

タグ: ,
ブリヂストン 低燃費性と強度を両立したゴム 20年代前半に実用化
ニュース 557
557

ブリヂストン 低燃費性と強度を両立したゴム 20年代前半に実用化

 ブリヂストンは6月25日に都内で開かれた内閣府などと進める研究開発推進プログラム「ImPACT」(インパクト)の報告会で、低燃費性と高破壊強度を両立したゴム複合体を発表した。  今回開発したゴムは、従来技術による低燃費ゴムと比べて強度が約5倍で、タイヤの燃費特性に寄与する材料物性は15%向上した。同社では2020年代前半の実用化を目指すほか、防振ゴムなどタイヤ以外の製品への活用も検討している。 …

タグ: , ,
住友ゴム、ハイグリップタイヤ「DIREZZA β04」発売
ニュース 321
321

住友ゴム、ハイグリップタイヤ「DIREZZA β04」発売

 住友ゴム工業はドライ路面での運動性能を追求したハイグリップスポーツタイヤ「DIREZZA β04」(ディレッツァ・ベータゼロフォー)を6月26日から発売した。発売サイズは205/55R16 91Vの1サイズで、価格はオープン。  新商品は新開発した非対称パターンを採用することで、コーナリング時のグリップ性能を向上させた。また、パターン剛性の最適化により高速域での操縦安定性を確保し、ドライ路面にお…

タグ: , ,
ノキアンタイヤ、欧米での成長に向けて生産能力増強
ニュース 456
456

ノキアンタイヤ、欧米での成長に向けて生産能力増強

 フィンランドのノキアンタイヤは6月15日、ノキア工場の乗用車用タイヤの生産能力を約30%増やすと発表した。  生産能力の増強に向けて、これまで工場で採用していた週5日・3シフト制を、2019年初頭までに週6日・4シフト制に変更する。また、新たに80名以上を雇用する予定。  同社では、今後5年間で北米地域の売上高を倍増させるとともに、中央ヨーロッパの事業は1.5倍に成長させる戦略を掲げている。今回…

タグ: , ,