ニュース

【ブリヂストン】鳥栖工場が「佐賀さいこう企業表彰」受賞
ニュース 520
520

【ブリヂストン】鳥栖工場が「佐賀さいこう企業表彰」受賞

 ブリヂストンの鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)が平成29年度「佐賀さいこう企業表彰」を受賞した。8月25日に行われた表彰式では、15社の企業が表彰された。  今年で3回目を迎えたこの表彰制度は、佐賀県内にある企業の認知度向上を図り、県外に流出している高校生などの県内企業への就職に繋がることを目的としている。  鳥栖工場は、高い技術やノウハウに基づく製品、サービスが国内外で高いシェアを誇っていることが認め…

タグ: ,
【住友ゴム】ダンロップスポーツの工場にロボットスーツを導入
ニュース 664
664

【住友ゴム】ダンロップスポーツの工場にロボットスーツを導入

 ダンロップスポーツの製造子会社であるダンロップゴルフクラブ(宮崎県都城市)が作業環境の改善を目的として7月からロボットスーツをテスト導入した。  同社は、「ゼクシオ」ブランドなどのゴルフクラブの組み立てなどを行っている工場。今回は物品運搬作業の負荷低減を目的に、世界的な安全規格であるISO13482を取得しているサイバーダイン社のロボットスーツを1台テスト導入した。使用者は1名で、1カ月の使用状…

タグ: , ,
ソーラーカーレース 東海大が新型車両を公開
ニュース 434
434

ソーラーカーレース 東海大が新型車両を公開

 東海大学は8月29日、湘南キャンパス(神奈川県平塚市)で今年10月にオーストラリアで開催するソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ2017」に参戦する新型車両を発表した。  新型車両は太陽電池面積が従来の3分の2となる新レギュレーションに対応するため、車体を従来のカタマラン(双胴型)からモノハル(単胴型)に変更。またサポート企業から最先端の素材提供を受けたことで、2015年の参戦マシ…

タグ: ,
9~10月は点検整備強化月間 ドライバーに点検の重要性を
ニュース 503
503

9~10月は点検整備強化月間 ドライバーに点検の重要性を

 国土交通省や自動車関連団体などで構成する自動車点検整備推進協議会は「自動車点検整備推進運動強化月間」(9月1日~10月31日)に合わせて、8月30日にお台場パレットタウン(東京都江東区)で「LOVEキャラバン出発式」を実施した。  同協議会ではユーザーに点検整備の重要性を訴求する活動の一環として「LOVEキャラバン」と名付けたキャンペーンカーが登場するイベントを開催している。  今回の出発式には…

タグ: , ,
【ブリヂストン】フランクフルトモーターショーで2つのブランド訴求
ニュース 435
435

【ブリヂストン】フランクフルトモーターショーで2つのブランド訴求

 ブリヂストンは、現地時間の9月12日から24日に、独フランクフルトで開催される「第67回フランクフルト国際モーターショー」に出展する。  今回のモーターショーでは、「Journey of Innovation for Sustainable Mobility」をテーマに、「Innovative・Sophisticated」な世界観を軸としたブリヂストンエリア、「信頼・伝統」の世界観を軸としたファ…

タグ: , ,
【住友ゴム】二輪車タイヤの点検結果 2割超が整備不良に
ニュース 119
119

【住友ゴム】二輪車タイヤの点検結果 2割超が整備不良に

 住友ゴム工業は8月30日、同社グループの二輪車用タイヤ販売会社、ダンロップモーターサイクルコーポレーションが8月5日に「ダンロップ全国タイヤ安全点検」の一環として行った二輪車用タイヤの点検結果を発表した。  それによると、総点検台数426台のうち、タイヤに整備不良があった車両は98台(不良率23.0%)だった。内訳(重複含む)はタイヤの残溝不足が69台(16.2%)と最も多く、以下ヒビ割れが36…

タグ: , ,
【ミシュラン】BFグッドリッチのトラックタイヤを国内導入
ニュース 679
679

【ミシュラン】BFグッドリッチのトラックタイヤを国内導入

 日本ミシュランタイヤは8月29日に都内で会見を開き、北米などで人気の高い「BFグッドリッチ」ブランドのトラック用タイヤを国内市場に初めて導入すると発表した。初年度の今年は4つのスペックを投入する。これまでアプローチできていなかったユーザーを掘り起こすとともに、取り扱い販売店の拡充にも乗り出す。  同社では従来、トラック用タイヤではミシュランブランドのみを販売し、リグルーブやリトレッドなどソリュー…

タグ: ,
タイヤ需要の見直しを発表 上期好調も年間では前年並みに
ニュース 387
387

タイヤ需要の見直しを発表 上期好調も年間では前年並みに

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)は8月31日、2017年のタイヤ国内需要年央見直しを発表した。それによると、市販用タイヤ(販社販売)はほぼ当初見通し通りに推移すると予測しているが、新車用は当初見通しより2ポイント上方修正した。  同会では需要見直しの前提条件として、実質経済成長率を当初見通しの1.1%から1.5%に見直した。また自動車生産台数は前年比3%増の950万9000台と見込まれ、輸出台…

タグ: ,
【ネクセン】世界初「ハローキティ」とコラボレーション
ニュース 441
441

【ネクセン】世界初「ハローキティ」とコラボレーション

 ネクセンタイヤジャパンは9月1日、都内で会見を開き、サンリオとライセンス契約することで合意したと発表した。来年夏に国内市場でハローキティとコラボレーションした「ハローキティ・タイヤ」を世界で初めて発売する。  「ハローキティ・タイヤ」は、サイドウォールにピンク色で「HELLO KITTY」のロゴと、目・鼻・ひげといった顔のパーツ、トレードマークのリボンをプリントした。世界的に人気が高いキャラクタ…

タグ: ,
【住友ゴム】ダンロップスポーツを吸収合併「タイヤと協業も」
ニュース 588
588

【住友ゴム】ダンロップスポーツを吸収合併「タイヤと協業も」

 住友ゴム工業は8月29日、ゴルフやテニス用品を手がける子会社ダンロップスポーツを2018年1月に吸収合併すると発表した。今後、住友ゴムが持つ資金力や材料、研究部門などの経営資源を活用してブランドの価値向上を図る。  8月31日に都内で開いた会見で池田育嗣社長は、「タイヤ事業は世界規模で拡大しており、スポーツ事業も同じように伸びてほしい。スポーツ事業と協業してビジネスを活用することで、お互いを伸ば…

タグ:
上半期のタイヤ輸入実績 2年ぶりプラス 米独から輸入増
ニュース 315
315

上半期のタイヤ輸入実績 2年ぶりプラス 米独から輸入増

 財務省通関統計による2017年上半期のタイヤ輸入本数は前年同期比0.3%増の1440万7988本だった。上半期としては2年ぶりにプラスに転じた。  全体の約8割を占める乗用車用タイヤは3.3%増の1174万2799本となったものの、商用車用タイヤは26.8%減の87万3159本と大幅に減少した。ただ、金額ベースでみると、乗用車用が10.3%増の445億4890万円、商用車も10.9%増の73億9…

タグ:
三菱ふそうトラック・バス 衝突防止装置「モービルアイ」を純正で販売
ニュース 279
279

三菱ふそうトラック・バス 衝突防止装置「モービルアイ」を純正で販売

 三菱ふそうトラック・バスは8月21日、イスラエルのモービルアイが開発した後付け型の運転支援システムを純正アクセサリーとして設定したと発表した。国内で同システムの販売代理を行うジャパン・トゥエンティワン(愛知県)と提携して三菱ふそう販売会社および三菱ふそう地域販売部門が発売する。  衝突防止補助システム「モービルアイ」は車両のフロントガラスに取り付けたカメラにより、前方車両や歩行者、車線を検知し、…

タグ:
ブリヂストンと早稲田大学「W-BRIDGE」の研究委託先決定
ニュース 160
160

ブリヂストンと早稲田大学「W-BRIDGE」の研究委託先決定

 ブリヂストンは8月24日、早稲田大学と連携して設置した研究プロジェクト「W-BRIDGE」の研究委託先を決定したと発表した。  今年度は重点研究活動委託として3件、一般研究活動委託4件の合計7件を選定した。委託期間は7月1日から来年6月30日まで。  同プロジェクトは今年3月21日から5月18日にかけて、ブリヂストンが定めた3つの重点テーマと4つの領域に基づいて、大学と一般の人が連携して取り組む…

タグ: ,
【住友ゴム】「WINTER MAXX 02」にCUV向けサイズ追加
ニュース 311
311

【住友ゴム】「WINTER MAXX 02」にCUV向けサイズ追加

 住友ゴム工業は、乗用車用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」(ウインター・マックス・ゼロツー)にCUV対応サイズを追加し、9月から発売する。追加サイズは16~20インチの全13サイズで、既存サイズと合わせて全123サイズとなる。価格はオープン。  新たに追加するサイズは、「WINTER MAXX 02」に採用している「超密着ナノフィットゴム」に加え、クラレが独自に開発した高機能化添…

タグ: , , ,
山形県上山市のタイヤ販売店 市と災害協定を締結
ニュース 409
409

山形県上山市のタイヤ販売店 市と災害協定を締結

 山形県上山市にあるタイヤ販売店、カーフットショップ後藤とタイヤプロショップ中川の2社が8月25日、上山市との間で「災害時におけるタイヤ業務の支援協力に関する協定」(災害協定)を締結した。  今後、市内や隣接する山形市などで大規模な災害が起きた際、警察や消防など市が所有する車両のタイヤ修理や交換を行う。タイヤ業務に関する協定を結ぶのは山形県内の自治体では初めて。  同日、市役所であった調印式で横戸…

タグ: