ニュース

標準装着タイヤの大径化進む 車名別販売ランキングから
ニュース 844
844

標準装着タイヤの大径化進む 車名別販売ランキングから

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1月11日に発表した2017年の車名別販売台数は、ホンダの「N-BOX」がトップで21万8478台だった。軽自動車がトップとなったのは2014年以来3年ぶり。  今回のランキングを10年前の2007年と比べると、標準装着タイヤが大径化している傾向が明らかになった。特に軽自動車では、2007年にランクインした5車種全てに13インチが装着されていたが…

タグ: , ,
DUNLOPの低燃費タイヤ 想いを語る新しいテレビコマーシャル開始
ニュース 188
188

DUNLOPの低燃費タイヤ 想いを語る新しいテレビコマーシャル開始

 住友ゴム工業は、新しいテレビコマーシャル「DUNLOP(ダンロップ)ブランド」篇と「エナセーブ EC204新登場」篇を1月20日から全国で放映開始した。イメージキャラクターには今年で10年目となる福山雅治さんを起用した。  今回のテレビコマーシャルでは、DUNLOPのタイヤ作りに込めた想いや商品特徴を表現した屋外看板が設置される様子を描いた。「DUNLOPブランド」篇では、タイヤを「TIRE」で…

タグ: , ,
横浜ゴム LINE@にアカウント「ADVAN club」を開設
ニュース 591
591

横浜ゴム LINE@にアカウント「ADVAN club」を開設

 横浜ゴムは1月12日、LINEが提供するコミュニケーションアプリ「LINE@」に「ADVAN club」(アドバン・クラブ)を開設した。IDは@advanclub。  同アカウントでは、友達登録を行ったユーザー限定の企画に加えて、イベントや新商品情報などの情報を発信していく。  同社はこれまでもFacebookやTwitter、YouTube、ニコニコ動画などSNS(ソーシャルネットワーキングサ…

タグ:
ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 4月16日に発売
ニュース 1,091
1,091

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 4月16日に発売

 日本ミシュランタイヤは1月16日、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を4月16日に発売すると発表した。また、発売に先駆けて会員制公式ウェブサイト「クラブミシュラン」で先行公開する。  ミシュランガイドは、レストランやホテルを紹介するガイドブックとして100年以上の歴史がある。日本では2007年に「ミシュランガイド東京2008」、2009年に「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行し…

タグ: ,
横浜ゴム モータースポーツ活動への取り組みで表彰
ニュース 336
336

横浜ゴム モータースポーツ活動への取り組みで表彰

 横浜ゴムは1月11日、日本モータースポーツ記者会(JMS)から1月10日に「2017年度JMSアワード特別賞」を受賞したと発表した。表彰式は国際文化会館(東京都港区)で開催され、同社の山本忠治執行役員タイヤ企画本部長が出席した。  この表彰制度は1966年に始まり、特別賞はモータースポーツ分野において特別に貢献してきた個人や企業・団体に贈られる。今回、タイヤメーカーとして100周年を迎えたことに…

タグ: ,
ピレリ「スーパー耐久」にワンメイク供給 2020年まで
ニュース 257
257

ピレリ「スーパー耐久」にワンメイク供給 2020年まで

 伊ピレリは今シーズンより「スーパー耐久シリーズ」にタイヤをワンメイク供給すると発表した。契約期間は2020年までの3年間。それに合わせてシリーズ名称は「ピレリ・スーパー耐久シリーズ」に改められる。国内で一定の人気があるレースに参戦することでブランド力の強化に繋げていく。  1月12日に千葉市内で会見したピレリジャパンのディミトリオス・パパダコスCEOは「実績あるシリーズに協力することは当社のモー…

タグ: ,
【東京オートサロン2018】東洋ゴムとグッドイヤーのトップが登壇
ニュース 530
530

【東京オートサロン2018】東洋ゴムとグッドイヤーのトップが登壇

 1月12日から14日までの3日間、千葉市の幕張メッセで「東京オートサロン2018」が開催され、開催初日には東洋ゴム工業や日本グッドイヤーがプレスカンファレンスを開き、今後の施策を発表した。  東洋ゴム工業の清水隆史社長は、「今回、ピックアップトラックやユーロスポーツ、SUVと、エキサイティングな車両を展示し躍動感あるステージを用意したのはクルマ文化が進展している海外市場でTOYOが本物の走りを支…

タグ: , , ,
オートバックスセブン レースブランドを新展開
ニュース 415
415

オートバックスセブン レースブランドを新展開

 オートバックスセブンは1月12日、同社が協賛しているモータースポーツ活動「ARTA Project」を「ARTA」にリブランディングし、レーシングスポーツブランドとして展開していくと発表した。  東京オートサロン2018の会場で会見した小林喜夫巳社長は、「ARTAの活動は今年で21年目を迎える。長年にわたり、モータースポーツの健全な発展やクルマファンの拡大、若手ドライバーの育成を目指して活動を行…

タグ: , , ,
横浜ゴム 国内外で「YOKOHAMAまごころ基金」による支援活動を継続
ニュース 118
118

横浜ゴム 国内外で「YOKOHAMAまごころ基金」による支援活動を継続

 横浜ゴムは1月5日、同社の従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」が東日本大震災で被災した子どもたちの学習支援と心のケアを行う「女川向学館」(宮城県女川町)へ40万円の支援金を寄付すると発表した。  女川向学館は認定NPO法人「カタリバ」が開設したもの。カタリバは2001年に設立し、首都圏の高校生向けのキャリア教育活動を行ってきた。活動の一環として、2011年からは東日本大震災で…

タグ: ,
住友ゴム「DUNLOP」/横浜ゴム「ADVAN」 周年記念のロゴ制作
ニュース 455
455

住友ゴム「DUNLOP」/横浜ゴム「ADVAN」 周年記念のロゴ制作

 住友ゴム工業は1月9日、ダンロップ空気入りタイヤの実用化から130周年を記念して「130周年記念ロゴ」を制定したと発表した。  空気入りタイヤは、1888年にダンロップの創業者であるジョン・ボイド・ダンロップ氏が息子の三輪車のために世界で初めて実用化したもの。  その後、ダンロップブランドでは、ハイドロプレーニング現象の解明やランフラットタイヤの実用化、「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」搭載…

タグ: ,
横浜ゴム 全日本スーパーフォーミュラ選手権に2スペックタイヤを供給
ニュース 133
133

横浜ゴム 全日本スーパーフォーミュラ選手権に2スペックタイヤを供給

 横浜ゴムは1月11日、2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権に、ドライタイヤとして現行のミディアムコンパウンドに加えて、新たにソフトコンパウンドタイヤを導入し2スペックを供給すると発表した。  同レースはアジア最高峰のフォーミュラカーレース。今シーズンは全7戦で「2スペックタイヤ制」を導入することで、参加チームの戦略に幅が生まれ、コース上でのオーバーテイクやバトルの増加に繋がるなど、よりコ…

タグ: ,
ZAFCO社「Zeetex」ブランドから冬タイヤ5種類発売
ニュース 762
762

ZAFCO社「Zeetex」ブランドから冬タイヤ5種類発売

 アラブ首長国連邦にある大手タイヤディーラーZAFCOのプライベートブランド「Zeetex」(ジーテックス)が日本市場に向けて冬用タイヤの販売を始めた。  「WP1000」「WH1000」「WH1000 SUV」「WQ1000」「WV1000」の5種類をラインアップし、普通車からハイパフォーマンスカー、SUV、バンなど幅広い車種に対応する。  これらのタイヤパターンは厳しい冬季の天候下で安定した運…

タグ: ,
住友ゴム ライフ性能を高めた「エナセーブ EC204」2月に発売
ニュース 597
597

住友ゴム ライフ性能を高めた「エナセーブ EC204」2月に発売

 住友ゴム工業は12月25日、ライフ性能を大幅に向上させた乗用車用タイヤの新商品「エナセーブ EC204」を2月から発売すると発表した。発売サイズは13~18インチの全65サイズで、価格はオープン。  「エナセーブ EC204」は、従来品(エナセーブ EC203)から4年ぶりの新商品。“お客様により最後まで使える長持ちタイヤ”を目指して開発した。新たなパターンやプロファイルを採用し全ての溝を均一に…

タグ: , ,
【ミシュラン】スポーツツーリング「MICHELIN Road 5」試乗会開催
ニュース 759
759

【ミシュラン】スポーツツーリング「MICHELIN Road 5」試乗会開催

ウェット性能維持し、プレジャー提供  日本ミシュランタイヤは昨年12月、栃木県のGKNドライブラインジャパンテストコースで新商品「MICHELIN Road 5」の試乗会を開催した。  新商品はドライでの優れた操縦安定性を確保しつつ、最新のコンパウンド技術とサイプの採用により走行に伴うウェット性能の低下を抑制したのが特徴。同社では「5000kmを走行しても新品時同等のウェット性能を維持できる。距離…

タグ: , ,
ハンコックタイヤジャパン 夏タイヤを5%値上げ
ニュース 432
432

ハンコックタイヤジャパン 夏タイヤを5%値上げ

 ハンコックタイヤジャパンは夏用タイヤを平均5%値上げする。同社の事業再生計画の一環として、不採算商品の販売を縮小するため。海外工場からのコンテナ出荷分は1月受注分から、また国内倉庫より出荷する商品は2月1日から価格を改訂する。  同社では「2月1日より一部サイズの倉庫販売を終了し在庫を縮小する。今後は更なる経費削減の上、資源の集中を行い、1日でも早く収益回復を目指す」としている。  なお、冬用タ…

タグ: ,