ニュース

タイヤメーカーのトップに聞く今年の展望
ニュース 392
392

タイヤメーカーのトップに聞く今年の展望

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)の賀詞交換会が1月15日、都内のホテルで開かれた。野地彦旬会長は「昨年のタイヤ生産量は対前年比95%の107万トン、タイヤ販売量は96%の7070万本だった。国内新車販売のうち約42%が軽自動車で、徐々にタイヤが小さくなっているという印象だ。デフレ脱却のために、お金に余裕のある方には高付加価値の商品を買っていただきたい。物価上昇に貢献し、結果として実質金利より高…

タグ:
綾瀬はるかさん「プレイズで疲れにくい年に」
ニュース 321
321

綾瀬はるかさん「プレイズで疲れにくい年に」

 1月8日に行われたブリヂストンの「Playz PXシリーズ」の発表会にはCMで教授役を演じた女優の綾瀬はるかさんが、CMと同じ白衣とメガネ姿でゲストとして登壇した。教授役については「少し偉くなったようで、気分がいい」とはにかんだ。「普段、タイヤについてあまり考えたことがなかったが、CMをきっかけに少し詳しくなった」という。  「今年はまず健康、そして普段使っている車のタイヤをプレイズに換えて疲れ…

タグ: ,
乗用車用夏タイヤの新商品続々発表
ニュース 104
104

乗用車用夏タイヤの新商品続々発表

 ブリヂストンは1月8日、乗用車用タイヤの新商品「Playz(プレイズ)PXシリーズ」を2月から発売すると発表した。「Playz」ブランドとしては7年ぶりの新モデルとなり、“運転時の疲労低減”という特徴を新たな価値として提案していく。また住友ゴム工業はコンフォートゾーンや昨年から取り組みを強化しているファルケンブランドから新商品を投入。東洋ゴム工業は汎用ゾーンを刷新し、春商戦で販売を拡大させる。 …

タグ: , , , ,
オールシーズンタイヤ、女性にじわり普及
ニュース 143
143

オールシーズンタイヤ、女性にじわり普及

 ワールドループつくば(茨城県牛久市)では今冬からオールシーズンタイヤの販売を開始した。取り扱うタイヤは日本グッドイヤーの「Vector 4Seasons」。販売開始後にすぐ2セットが売れるなど、好調な滑り出しを見せている。その背景には、準降雪地帯にあたる茨城県ならではの事情があった。  牛久店店長の久保さんは「年に数度の軽い降雪があるが、積もることはあまりない地域。そのため、コスト面や手間を考え…

タグ:
住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見
ニュース 318
318

住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見

 先週、住友ゴム工業の池田育嗣社長と横浜ゴムの野地彦旬社長はそれぞれ記者会見を行い2015年を振り返るとともに、来年度へ向けた施策を語った。池田社長は「グッドイヤーとのアライアンス解消により欧米での自由度が増す」と意欲を示し、野地社長は国内市場で「新興メーカーと差別化を図っていくことが必要」と述べた。 住友ゴム池田社長「欧米の基盤整備が急務」  住友ゴム工業の池田社長は15日の会見で「米・グッドイ…

タグ: ,
グッドイヤー バイエルンミュンヘンと契約
ニュース 70
70

グッドイヤー バイエルンミュンヘンと契約

  米・グッドイヤーは、独・サッカーリーグ・ブンデスリーガの「バイエルンミュンヘン」とプラチナ・スポンサーシップ契約を締結した。  契約は複数年となる。来年1月以降、ブンデスリーガのホームゲームで広告を掲示するほか、様々な広告展開を行っていく。またチーム所属選手がプライベートで使用している車両やチーム専用バスにもグッドイヤーのタイヤが装着される。  同社は「ブランド価値をさらに高めるために、バイエ…

タグ:
ブリヂストン津谷CEO、西海COOが会見
ニュース 452
452

ブリヂストン津谷CEO、西海COOが会見

 ブリヂストンの津谷正明CEOと西海和久COOは12月1日、東京本社で会見を行い、2015年度の経営環境を振り返るとともに、事業運営の進捗状況などについて説明した。津谷CEOは10月に発表した小平の技術センター再構築を「これまでとは別の次元」と述べ、また西海COOは「当社が持っている商品の組み合わせで総合力を発揮していく」と展望を語った。 「小平の再構築はR&Dのレベルを上げる第一歩」  …

タグ:
日本グッドイヤーがお台場でイベント 都心で雪道を体験
ニュース 86
86

日本グッドイヤーがお台場でイベント 都心で雪道を体験

 日本グッドイヤーは11月28日、東京・お台場にあるメガウェブで一般ユーザーを対象にした体感試乗会を開催し、スタッドレスタイヤの重要性やオールシーズンタイヤの走行性能をPRした。  会場に設置した試乗コースには、本物の雪を使用してスノー路面を再現。参加者はスタッドレスタイヤの「ICE NAVI 6」「ICE NAVI SUV」およびオールシーズンタイヤ「Vector 4Seasons」を装着した車…

タグ: ,
ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化
ニュース 260
260

ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化

2020年に一般車両へ適用めざす  ブリヂストンは11月25日、タイヤ内部に取り付けたセンサーから路面の状態を判別する技術を世界で初めて実用化したと発表した。降雪などによる路面状態の変化をリアルタイムに感知し、ドライバーへ伝えることで安全運転をサポートする。ネクスコ・エンジニアリング北海道支社とライセンス契約を締結し、今冬から運用を開始する。さらに2020年までに乗用車など一般車両への適用を目指す…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見
ニュース 132
132

日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見

日本ミシュランタイヤ ペリニオ新社長が会見  日本ミシュランタイヤは11月24日、都内でポール・ペリニオ新社長の就任会見を開き、市販用タイヤ市場で新たなサービスや取り組みを進めていく考えを示した。  具体的な施策については現段階では明らかにしていないが、「乗用車用タイヤの満足保証プログラムのように製品の価値を認知し、体験いただけるサービスや、トラック・バス用タイヤの3Rなど経済性向上や環境負荷低減…

タグ: ,
日本自動車タイヤ協会 浜名湖サービスエリアで点検活動
ニュース 63
63

日本自動車タイヤ協会 浜名湖サービスエリアで点検活動

乗用車の不良率は35%に  日本自動車タイヤ協会(JATMA)は高速道路における交通安全の一環として、11月17日、東名高速道路・浜名湖サービスエリアでタイヤ点検活動を行った。  この活動は、東名高速道路が全線開通となった1969年から実施しており、今年で47回目。当日はJATMAから野地彦旬会長をはじめ、奥田慶一郎専務理事や事故防止部会委員、広報部会委員など合計39名が参加した。  開会式で野地…

タグ: ,
住友ゴム 中国・常熟工場の生産本数が累計1億本に
ニュース 467
467

住友ゴム 中国・常熟工場の生産本数が累計1億本に

 住友ゴム工業は11月18日、同社グループの中国におけるタイヤ製造・販売会社である江蘇省の住友橡膠(常熟)有限公司が、11月14日にタイヤ生産本数累計1億本を達成したと発表した。  11月17日に同工場内で行われた記念式典には、山田直樹董事長兼総経理をはじめ、住友ゴム工業の黒田豊取締役常務執行役員など約40名が参加した。  記念式典で黒田常務は、「中国市場は当社グループの中でも最も重要なウェイトを…

タグ: ,
東洋ゴム 新経営体制スタート
ニュース 83
83

東洋ゴム 新経営体制スタート

社会からの信頼回復目指す  東洋ゴム工業は11月12日に開催した臨時株主総会とその後に開かれた取締役会で新たな経営体制を決めた。免震ゴムなどのデータ不正問題を受けて、山本卓司社長は同日付で辞任し、後任に清水隆史常務(54)が昇格、会長には京セラ出身の駒口克己氏(64)が就任した。大阪市内のホテルで開いた会見で清水社長は、「一から出直して創業するくらいの気概を持ち、会長とともにこの難局を乗り越え、必…

タグ: ,
住友ゴム 今年も「FALKEN CAFE」でブランド認知度向上へ
ニュース 123
123

住友ゴム 今年も「FALKEN CAFE」でブランド認知度向上へ

 住友ゴム工業は東京・青山に「FALKEN Cafe Aoyama」を期間限定でオープンした。昨年に引き続き、「Royal Garden Cafe 青山」の店内をファルケンの“若々しくエネルギッシュ”なイメージでデザインし、一般ユーザーにブランドを訴求する。  11月2日に行われたプレス向け説明会に出席したタイヤ国内リプレイス営業本部の増田栄一副本部長は、「昨年初めてカフェを実施し、非常に好評だっ…

タグ:
「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション
ニュース 792
792

「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション

 東京モーターショー2015にはタイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーの4社がブースを出展した。プレスで2日目の10月29日には各社がプレスブリーフィングを開催した。タイヤメーカーが見据える、未来のモビリティ社会へ貢献する技術や取り組みとは――。 住友ゴム工業「課題を技術で超える」  独自の新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」が完成したと発表した。この新…

タグ: , , , , , ,