東洋ゴム

国内4社の2018年業績予想 値上げ浸透で利益拡大へ
ニュース 261
261

国内4社の2018年業績予想 値上げ浸透で利益拡大へ

 国内4社の2017年業績が出揃い、全社が増収を達成したものの、昨年の原材料価格の高騰を受けて利益面ではほぼ苦戦した。一方、今期は原材料価格の安定が見込まれており、4社合計で105億円のプラス要因となる。加えて値上げが浸透することで各社とも増益を予想。北米市場をはじめ、グローバルで需要が好調な高性能タイヤを中心に販売拡大を図り更なる成長を目指す。 ブリヂストン 全地域で増収増益見込む  2018年…

タグ: , , , , ,
東洋ゴム 国内2工場で100万本の増産完了
ニュース 117
117

東洋ゴム 国内2工場で100万本の増産完了

 東洋ゴムエ業は2月15日、仙台工場(宮城県)と桑名工場(三重県)で進めてきた増強投資が完了し、2018年度から合計で年間約100万本を増産する生産体制を整えたと発表した。 両工場では2年前から約52億円を投じて、高インチタイヤやウルトラハイパフォーマンスタイヤの生産に必要な設備導入を行ってきた。  2月15日に都内で開いた決算会見の席上、清水隆史社長は「国内工場は高付加価値タイヤを供給していく。…

タグ: ,
東洋ゴム 来年から社名を「TOYO TIRE」に
ニュース 232
232

東洋ゴム 来年から社名を「TOYO TIRE」に

 東洋ゴム工業は2月15日に開催した取締役会で社名を「TOYO TIRE株式会社」(英語表記:Toyo Tire Corporation)に変更することを決定した。3月29日に開催する株主総会での承認を経て、2019年1月1日付けで実施する。  同社は2017年から事業本部制を機能別組織経営に改正し、タイヤや自動車用部品といったモビリティ分野での成長を柱とした中期経営計画をスタートさせている。その…

タグ: ,
東洋ゴム EVベンチャーと共同で足回りモジュール開発
ニュース 127
127

東洋ゴム EVベンチャーと共同で足回りモジュール開発

 東洋ゴム工業は1月17日、EV(電気自動車)メーカーのGLM社とEV向けのモジュールを共同開発すると発表した。道路状況に合わせて自動車の揺れなどを緩和するエア式の「アクティブサスペンション」の開発を進め、2020年中に製品化を目指す。  今回の共同開発は、東洋ゴムが持つタイヤを含む自動車部品の開発に用いる振動シミュレーション技術などと、GLM社の足回りや車両に関するノウハウを生かす。エアサスペン…

タグ: ,
タイヤメーカーのトップに聞く今年の重点施策
ニュース 650
650

タイヤメーカーのトップに聞く今年の重点施策

 景気拡大への期待を背景に、米国を中心とする世界的な株高が続く一方、今後大きな需要増は見込めない国内市場――先行きの不透明感が強まる中でいかに戦略を進めていくか。日本自動車タイヤ協会が1月18日に都内で開いた賀詞交換会で、タイヤメーカーのトップに今後の展望を聞いた。 ブリヂストン 津谷正明CEO兼会長  「経営改革のフレームワークを継続しながら、中身を変えていく。事業の重要度や優先度に合わせて動い…

タグ: , , , , , , ,
【東京オートサロン2018】各社がタイヤの個性を発信
レポート 321
321

【東京オートサロン2018】各社がタイヤの個性を発信

 1月12日から14日までの3日間、幕張メッセで「東京オートサロン2018」が開催され、主要なタイヤメーカーがブースを出展した。各社はスポーツモデルや人気が高まるプレミアムカー向けの新商品を多数紹介し、ブランドの個性を発信した。  ブリヂストンは「POTENZA」(ポテンザ)と同社のモータースポーツ活動をメインにブースを展開し、「SUPER GT300クラス」の車両や「全日本ジムカーナ選手権」でチ…

タグ: , , , , , ,
【東京オートサロン2018】東洋ゴムとグッドイヤーのトップが登壇
ニュース 184
184

【東京オートサロン2018】東洋ゴムとグッドイヤーのトップが登壇

 1月12日から14日までの3日間、千葉市の幕張メッセで「東京オートサロン2018」が開催され、開催初日には東洋ゴム工業や日本グッドイヤーがプレスカンファレンスを開き、今後の施策を発表した。  東洋ゴム工業の清水隆史社長は、「今回、ピックアップトラックやユーロスポーツ、SUVと、エキサイティングな車両を展示し躍動感あるステージを用意したのはクルマ文化が進展している海外市場でTOYOが本物の走りを支…

タグ: , , ,
【東京オートサロン2018】東洋ゴムはTOYO TIRESとNITTOの世界観を訴求
ニュース 193
193

【東京オートサロン2018】東洋ゴムはTOYO TIRESとNITTOの世界観を訴求

 東洋ゴム工業は1月12~14日の3日間、千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、TOYO TIRES(トーヨータイヤ)とNITTO(ニットー)の両ブランドのブースを出展する。  トーヨータイヤのブースでは、プレミアムスポーツタイヤ「PROXES Sport」(プロクセススポーツ)をはじめとするグローバル・フラッグシップブランド「PROXES」シリーズやその装着車両を展示する。…

タグ: , ,
12日から「東京オートサロン2018」開催 タイヤ各社も出展
ニュース 229
229

12日から「東京オートサロン2018」開催 タイヤ各社も出展

 1月12~14日の3日間、千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、タイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、東洋ゴム工業、日本グッドイヤーがブースを出展する。  また主催者の東京オートサロン実行委員会は12月28日に、会場を盛り上げる様々なコンテンツを決定したと発表した。  12日のオープニングセレモニーでは、スーパーマジシャンの「CYRIL」(セロ)が登場。巧…

タグ: , , , , , ,
【東洋ゴム】桑名工場の従業員が森林保全活動を実施
ニュース 84
84

【東洋ゴム】桑名工場の従業員が森林保全活動を実施

 東洋ゴム工業は12月19日、桑名工場(三重県)の従業員が12月16日に森林保全活動を実施したと発表した。  同社は三重県が進める企業と地域が連携して取り組む森林保全活動「企業の森」づくりの趣旨に賛同している。2014年には桑名工場が所在する東員町において、5.27ヘクタールの活動エリアを「TOYO TIRES 緑のつながり・三重」と命名。それ以降、従業員参加による整備活動を継続してきた。  4回…

タグ: ,
値上げ、事業拡大、法令遵守の取り組み――2017年を振り返る
ニュース 566
566

値上げ、事業拡大、法令遵守の取り組み――2017年を振り返る

 国内外で様々な出来事があった2017年も残すところ僅か。今年は海外では景気の回復が見られた一方、国内に目を向けると、日本を代表するような企業で不祥事が相次いで発覚したほか、多くの産業で人手不足に拍車がかかるなど不安定な要素は増している。こうした状況下、タイヤ業界にとっては、どのような1年だったのか――。 ■値上げに揺れた国内市販タイヤ市場  日本自動車タイヤ協会の統計によると、2017年の市販用…

タグ: , , , , , , , , , ,
変革するかタイヤの未来 求められる新たな価値
ニュース 581
581

変革するかタイヤの未来 求められる新たな価値

 クルマの電動化が今後急速に進むと見込まれる中、タイヤはどのような形でモビリティへ貢献できるのか――。電気自動車(EV)ならではの構造、あるいは航続距離といった課題に対して、これまで以上に燃費性能に優れ高いライフ性能を実現したタイヤが必要になることは容易に想像できるが、その先に到来する自動運転時代に備え、大手メーカーを中心にセンシング技術やエアレスタイヤなどの開発も加速している。車両の急速な変革に…

タグ: , , , , , , , , ,
【東洋ゴム】伊丹の商業施設でタイヤの安全啓発活動
ニュース 116
116

【東洋ゴム】伊丹の商業施設でタイヤの安全啓発活動

 東洋ゴム工場は12月2日に兵庫県のイオンモール伊丹1階のスカイコートでタイヤ安全啓発イベントを開催する。  会場ではタイヤの空気圧点検の重要性や残溝・傷のチェック方法を紹介したパネル展示を行うほか、フットボールパフォーマンスやクイズなど、来場者が楽しみながら参加できるイベントを企画している。時間は10時から16時まで。

タグ: ,
東レのタイヤコード タイヤメーカーでは影響を調査
ニュース 2,227
2,227

東レのタイヤコード タイヤメーカーでは影響を調査

 東レは11月28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)がタイヤコードや自動車用ホース・ベルト用コードなどの製品において、品質データを改ざんしていたと発表した。顧客と取り決めた規格から外れたデータ数値を規格内に書き換えたという。  改ざんは2008年4月~2016年7月の間で149件行われており、対象製品はタイヤメーカーなどの13社に出荷していた。  国内タイヤメーカーに東レとの取引状…

タグ: , , ,
国内4社の1~9月業績 タイヤ販売増も原料高響く
ニュース 379
379

国内4社の1~9月業績 タイヤ販売増も原料高響く

 国内4社の2017年1~9月期決算が出揃った。全社がタイヤの販売数量の増加や値上げで増収を確保したものの、ブリヂストンと住友ゴム工業、東洋ゴム工業は原料高が響き営業減益となった。一方、横浜ゴムは円高などの影響で減益となった前年同期から一転、大幅増益を達成した。通期の業績予想は、値上げの浸透が遅れたことや欧州やアジアなどでタイヤ販売減により、ブリヂストンと東洋ゴムが従来予想から引き下げた。 ブリヂ…

タグ: , , , ,