優れた整備技術者を輩出するブリヂストン長野販売

シェア:
カテゴリー: レポート, 現地

 今年9月に行われたブリヂストンタイヤジャパン主催の「生産財技能グランプリ」で、ブリヂストンタイヤ長野販売の傘下にあるタイヤセンター大橋(長野市、成澤真店長)からマイスター及び1人作業と2人作業の優勝者が選ばれた。全国にいる現役のマイスター13名のうち2名が在籍し、さらにエキスパートが2名在籍している同社。優れた整備技術はどのような理念と努力によって生まれたのか。同社の村田尚一取締役と店舗のスタッフを取材した。

作業標準の浸透と技能グランプリの意義

ブリヂストンタイヤ長野販売に在籍するマイスターとエキスパート
(左から)高附マイスター、宮川さん、成澤店長

 ブリヂストンでは作業標準のマニュアルを毎年改定しており、技能グランプリでは50を超える規定を遵守した作業が求められる。マニュアルの内容は整備だけでなく機器のメンテナンスにまで及ぶ。

 今年マイスターを取得した高附健さんと、2人作業で優勝した宮川卓也さんは、作業標準について、「当初は抵抗があったが、グランプリに参加するようになって、絶対にやらなければいけないものだと意識が変わっていった」と話す。

 さらに「安全には変えられない。誰かがしっかりやれば、周りに自然と広がり、それが当たり前になっていく」と力を込める。

 県内に17の直営店を持ち、そのうち9店が生産財を取り扱うブリヂストンタイヤ長野販売㈱では、技術を水平展開するという目的で技能グランプリと同じ内容の整備研修を独自に行い顧客にも公開している。出場条件はなく、新人からベテランまで幅広くお互いの整備手順や技術を見ることができるという。

技能マイスターが在籍する店舗に掲示されるノボリ
技能マイスターが在籍する店舗に掲示されるノボリ

 その狙いについて村田尚一取締役は「座学も大切だが実体験をより重視している」と話す。整備のプロフェッショナルたちの作業を実際に見て、また自分の作業をチェックしてもらい、アドバイスを受けることによって、全社に高い整備技術が広がっていくという考えだ。

 高附さんは34歳。業界に入って11年になる。技能グランプリに参加して4回目の挑戦でマイスターを獲得した。

 全国大会までは土曜日に練習を重ねた。「基本である日々の作業を見直しただけではなく、大会では競技として通常作業より細かい部分まで問われるので、車両を借りて丁寧に練習した」という。

 成澤店長がマイスターである同店では、日頃から作業標準に則った作業を徹底している。そこで培われた経験を競技の中で出し切ったといえる。


[PR]

[PR]

【関連記事】