【東洋ゴム】伊丹市の花火大会に協賛“TOYO”の文字花火も

シェア:
カテゴリー: ニュース
「第37回いたみ花火大会」広告ポスター
東洋ゴムが制作した「第37回いたみ花火大会」のポスター

 東洋ゴム工業は8月26日に兵庫県伊丹市の神津大橋南側河川敷で開催される「第37回いたみ花火大会」に協賛すると8月8日発表した。

 同社は今年5月末に本社を大阪市から兵庫県伊丹市に移転しており、地域貢献の一環としてイベントを支援する。また、同社が独自に製作したポスターをJR伊丹駅や阪急伊丹駅など近隣の主要駅に掲出する。

 「いたみ花火大会」は、伊丹市民の夏の風物詩として親しまれているイベント。今回は「日本列島花火絵巻」をテーマに、全国を6つのエリアに分けて、それぞれの地域になじみのある題材を約3500発の花火で表現する。また「TOYO」の文字花火やスポーツカーを描く花火も用意している。

 開催時間は19時30分から20時30分。主催者側では6万5000人の来場を想定している。


[PR]

[PR]

【関連記事】