【ブリヂストン】上海モーターショーでブランドの世界観訴求

シェア:
カテゴリー: ニュース
上海モーターショーブリヂストンブース
ブリヂストンのブースイメージ

 ブリヂストンは、4月19日から28日に中国の上海で開催される「上海国際モーターショー2017」に出展する。今回は「一人ひとりを支える」をテーマに、同社のタイヤ製品や技術を紹介する。

 ブースは「イノベーションゾーン」と「プレミアムゾーン」の2つから構成する。「イノベーションゾーン」ではタイヤの空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるランフラットテクノロジー採用タイヤ「POTENZA S001 RFT」と「DRIVEGUARD」、タイヤの空気圧充填を不要とする技術「エアフリーコンセプト」など最新の技術によって開発したタイヤを展示する。

 「プレミアムゾーン」では「POTENZA」(ポテンザ)や「TURANZA」(トランザ)をはじめとしたプレミアムブランドを紹介する。

 また空気圧管理やタイヤ点検のデモンストレーションを実施する予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】