4割が夏タイヤでパンクを経験、GfKジャパン調査

シェア:
カテゴリー: ニュース

 マーケティングリサーチ会社のGfKジャパンが行った「自動車タイヤのパンクに関する調査」によると、夏タイヤで40%、冬タイヤで9%のドライバーがタイヤのパンクを経験したことがあることが分かった。

 また夏タイヤでのパンクの経験率は、20代以下では24%だったが、50代では43%に上昇しており、年代が上がるほどパンクの経験率が高まる傾向があることも分かった。

 一方、冬タイヤでは地域差が見られた。降雪地域における冬タイヤのパンク経験率をみると、北海道、東北では20%弱だった。パンクを経験したユーザーは軽自動車の割合が高く、夏タイヤより9ポイント高い49%を占めた。

 またパンク経験者に「タイヤ購入からパンクまでの期間」について聞いたところ、夏タイヤでは平均33.0カ月、冬タイヤでは29.8カ月となった。冬タイヤでは北海道で平均26.5カ月、東北で27.2カ月となり、全体と比較すると約3カ月短かった。これに対し、夏タイヤでは北海道と東北がそれぞれ30.9カ月、32.1カ月という結果だった。

 この調査は昨年12月5日~18日の間、全国のドライバー1万689名を対象にインターネットを通じて行ったもの。


[PR]

[PR]

【関連記事】