【ブリヂストン】タイヤ技術を応用した人工筋肉を開発

シェア:
カテゴリー: ニュース
開発した「油圧ハイパワー人工筋肉」の動作例
開発した「油圧ハイパワー人工筋肉」の動作例

 ブリヂストンは1月26日に東京工業大学(東京都目黒区)で会見を開き、油圧駆動のハイパワー人工筋肉を発表した。これは内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)が取り組む「タフ・ロボティクス・チャレンジ」の一環として、東京工業大学の鈴森康一教授とともに開発したもの。この取り組みは、災害現場のような過酷な環境下でも耐久性に優れ、大きな力を使って災害復旧などに活躍できる「タフロボット」の実現を目指している。

 その中で重要な役割を担うのが、今回発表された人工筋肉に使用されている「タフ油圧アクチュエータ」で、チューブにはブリヂストンの素材技術が応用されている。特に人工筋肉の中心となるチューブ部分には、最大で700kgの物体を動かす出力のための高い油圧に耐えつつ、何万回もの変形に対する耐久性が求められる。

ブリヂストンの人工筋肉
東京工業大学の鈴森康一教授

 同社は、既存のパイプ技術だけでなく、変形や熱に強く高い耐摩耗性を持つタイヤの開発技術をチューブに使用するゴムに投入。またチューブの外周を包む多数の繊維を円筒状に組み上げたスリーブには、タイヤコードに使用する繊維をもとに開発した高い耐久性を持つ素材が採用されている。

 同社のイノベーション本部イノベーションマネジメント部櫻井良フェローは、「当社が持つ様々な技術を一つにして新しいイノベーションを目指した。今後、民間用の開発への適用や技術のフィードバックを考えている」と話した。


[PR]

[PR]

【関連記事】