【横浜ゴム】SNR-iに参画、天然ゴムを持続可能な資源に

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは1月27日、天然ゴム、合成ゴムの生産国と消費国の政府で構成される政府間組織の国際ゴム研究会(IRSG)が提唱する天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアチブ「SNR-i」(Sustainable Natural Rubber Initiatives)の趣旨に賛同し、活動に参画すると発表した。

 SNR-iでは「生産性向上支援」「天然ゴムの品質向上」「森林の持続性支援」「水の管理」「人権、労働基本権への配慮」の5つの指針を設定し、自主的な活動および継続的な改善を促しており、参画している組織・企業は2016年12月現在で38にのぼる。ブリヂストンや住友ゴム、東洋ゴムは昨年から参画しているほか、仏ミシュランや米グッドイヤー、独コンチネンタルなども趣旨に賛同している。

 グローバルでのタイヤ需要は今後も拡大すると見込まれており、それに伴い天然ゴムの需要も増加が予測されている。こうした中、横浜ゴムではタイヤ・ゴムメーカーとしての社会的責任を認識し、同活動を積極的に推進していく。

 国際ゴム研究会(IRSG)は天然ゴム及び合成ゴムの生産国、及び、消費国の政府で構成される政府間組織。


[PR]

[PR]

【関連記事】