【ミシュラン】ワイドシングルタイヤ 青森の運送会社が採用

シェア:
カテゴリー: ニュース
「X One」を装着した車両
「X One」を装着した車両

 日本ミシュランタイヤは11月15日、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」(ミシュラン・エックスワン)が、青森県弘前市の有限会社弘前貨物のリジットダンプダンプ車両の新車装着タイヤとして採用されたと発表した。タイヤサイズは455/55R22.5 (164L)。

 弘前貨物は主に砕石・アスファルト工材の輸送事業を展開しており、ダンプ車両を多く保有している。様々な路面状況下で高い輸送品質が求められる地場走行では、輸送効率を図る上で最大積載量の向上が大きな課題となっていた。

 弘前貨物の佐藤豊代表取締役は、「X Oneの導入により、従来のダブルタイヤの車両と比較して約200kgの軽量化が可能となった。実際の砕石現場では1回の輸送で運べる荷量が増えれば当然、輸送効率が上がり、現場の作業性向上に繋がる。結果的に工期短縮にも貢献できるだけでなく、当社の車両管理上、少ない輸送回数で済むため非常に効果的である」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】