横浜ゴム アジアクロスカントリーラリーにタイヤ供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
アジアクロスカントリーラリーに参戦する「HILUX REVO」

 横浜ゴムは8月に開催されるアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2018」(AXCR)に参戦するオフロードレーサー、塙郁夫選手をサポートし、SUV用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)M/T G003」を供給すると発表した。

 7月6日に埼玉県内で行われた発表会で塙選手は、「レースに参戦することで、横浜ゴムのタイヤをアピールしていきたい」と述べた。

 「GEOLANDAR M/T G003」は国内市場では昨年8月に発売した。などあらゆる路面でのオフロード性能に加え、優れたロングライフ性能を実現しているのが特徴。

 「AXCR」はFIA(国際自動車連盟)公認レースでダカールラリーと同格式で行われる。1996年にスタートし、アジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台に毎年8月に開催されている。今年は8月12日にタイのパタヤをスタートし、8月18日にカンボジアのプノンペンでゴールする約2200kmを競い合う。

 横浜ゴムは同レースに2001年から11年連続で協賛したほか、サポートした「GEOLANDAR」装着車が2011年に総合2位と3位、2012年には総合2位を獲得している。なお、東洋ゴム工業と日本ミシュランタイヤも参戦チームにタイヤを供給すると発表している。


[PR]

[PR]

【関連記事】