タイヤ・ホイールの変形システム発表 米国防高等研究計画局

シェア:
カテゴリー: ニュース
タイヤホイールの変形システム
タイヤホイールの変形システム

 米国防高等研究計画局(DARPA)は、戦闘車両の安全性や移動性の向上を目的とした研究プログラムで、タイヤとホイールの形状が通常の円形から三角形へ変化するシステムを発表した。

 これは、米カーネギーメロン大学と共同で開発したもので、「リコンフィギュラブル・ホイール・トラック」(RWT)と呼ばれている。円形から三角形への変形にかかる時間はわずか2秒で、その間に車軸が固定される。形状が三角の間は、地面に接触するゴム面積が円形の時より増えるため、氷雪上や泥ねい地での走行に適しているという。

 DARPAでは「多様な地形で移動性や操作性を即座に高めるために、走行しながら円形から三角形、そして円形へと形状を変えられる」と説明している。


[PR]

[PR]

【関連記事】