東洋ゴム「人とくるまのテクノロジー展名古屋」に出展

シェア:
カテゴリー: ニュース

 東洋ゴム工業は7月11日から13日の3日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」に出展する。

 同社のブースでは、エアレスタイヤ「ノアイア」をはじめ、ナノレベルでタイヤのゴム材料をコントロールする「ナノバランステクノロジー」を採用し、より高度に低燃費化を実現した乗用車用タイヤなどを出展する。

 また、「トーヨーサイレントテクノロジー」で開発したタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスや、輸送効率向上に繋げる目的でエネルギーロスを大幅に低減させたトラック・バス用タイヤのゴム材料技術、乗用車の低燃費化やEV車両の航続距離に影響を与える空力を高精度にシミュレーションできる「モビリティ・エアロダイナミクス技術」といった独自技術も紹介する予定。

 「人とくるまのテクノロジー展」は、自動車業界の技術者や研究者のための自動車技術専門展として1992年に始まった。


[PR]

[PR]

【関連記事】