ブリヂストン ICT/IoTを活用したスマート工場化を推進

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは6月26日に都内で会見を開き、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)技術を活用することでスマート工場化を積極的に進めていく方針を発表した。タイヤの商品開発から製造、使用過程までバリューチェーン全体で得た情報のデータ解析やシミュレーションを行うことにより、従来以上に高品質かつ効率的な生産を目指すとともに、厳しい競争環境の中で確固たる優位性を築き上げていく。

三枝執行役員(左)と國武執行役員

 同社は近年、バリューチェーンの技術革新を急速に進めており、その基盤が独自のICT「ブリヂストン・インテリジェント・オフィス」(BIO)と「ブリヂストン・インテリジェント・デバイス」(BID)となる。

 頭脳部分に該当する「BIO」でバリューチェーンに蓄積された膨大なデータの解析を行い、システム上で繰り返しシミュレーションを行うことで設備や装置を自律化させるアルゴリズムを算出する。さらに、生産システムを制御する人工知能(AI)を搭載した「BID」で製造工程に実装することで、開発データを自動的に製造工程へフィードバックし、求める性能のタイヤをより迅速に製造することが可能となっている。

 2016年にはこの技術を搭載したタイヤ成型システム「EXAMATION」(エクサメーション)の生産を、滋賀県の彦根工場やハンガリーのタタバーニャ工場でスタートさせた。また、その後も「BIO」「BID」による設備管理や熟練作業のデータ化による製造工程の改革など、様々な分野で技術を活用している。

 今後は鉱山用や航空機用の大型タイヤのように熟練工の高度な技術が必要だった領域でもノウハウを可視化することでスキルの定量化を図っていくほか、国内工場で培った技術を海外へ展開するなど、より効率的なオペレーションや作業のオートメーション化に取り組んでいく。さらに生産工程だけではなく、材料や構造の開発などをバーチャルでシミュレーションするシステムでも「BIO」「BID」の活用を始める計画だ。

 國武輝男執行役員(タイヤ生産システム開発担当)は、「今後もBIO、BIDの技術を拡張させ、高品質で効率的なタイヤ生産を実現してお客様に価値を提供していく」と話した。

ソリューションプロバイダーへ

 また、会見に出席した三枝幸夫執行役員(CDO・デジタルソリューションセンター担当)は、スマート工場も含めたデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)への取り組みが今後一層重要になるとの認識を示した。

 同社はタイヤ単体の製造・販売を行うだけではなく、特に鉱山用や運送会社向けに提供している様々なサービスや技術、デジタルツールを組み合わせてユーザーごとの課題解決を図るソリューション事業への転換を積極化している。

 三枝執行役員は「グローバルのシェアでは新興メーカーが台頭しており、単にタイヤの性能を良くしていくだけでは差別化が難しくなっている」と危機感を示す。今後はIT(情報技術)企業など異業種との競争も視野に入れつつ、「ソリューションプロバイダー」として改革への取り組みを一段と加速させていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】