静岡県タイヤ商工協同組合、県と「災害協定」締結

シェア:
カテゴリー: ニュース

 静岡県タイヤ商工協同組合(鈴木規正理事長)は6月8日、静岡県との間で「災害時におけるタイヤ修理等に関する協定」を締結した。

 災害協定は2011年の東日本大震災で緊急車両のパンクなどが多数発生したことを受け、静岡県内で地震など大規模な災害が起きた際に緊急車両の支援を優先的に行うことを目的としたもの。

 協定では、災害時に県の要請を受け、組合員が救援活動に出動する緊急車両のタイヤのパンク修理や交換などを行う。対象は警察車両や消防車などのほか、他県から支援に来る車両も含まれる。

 静岡組合には現在31社が加入しており、今回の協定には全ての組合員が参加する。また、同組合はこれまで高速道路でのタイヤ点検を実施するなど、社会活動に取り組んできた。

 なお、全国タイヤ商工協同組合連合会に加盟する組合として自治体と災害協定を結んだのは神奈川、宮城、東京、茨城、岡山、広島に次いで7例目となった。


[PR]

[PR]

【関連記事】