ブリヂストン ドライ性能高めた「POTENZA S007A」7月から発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
POTENZA S007A
「POTENZA S007A」

 ブリヂストンは、プレミアムスポーツタイヤの新たなフラッグシップ商品として「POTENZA S007A」(ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・セブン)を7月1日から発売する。発売サイズは16~21インチの80サイズで、価格は税込2万7864円~9万6876円。

 新商品は、トレッドとタイヤサイド部の剛性を上げることで優れたドライ性能を実現したのが特徴。同社では「高速走行が強み」としており、ドライコースでの最速ラップタイムは、従来品(ポテンザS001)から2.4%短縮した。

 また、高剛性ハンドリングシートや新商品専用のサイド補強を搭載し、ハンドリングレスポンスやトラクション性能の向上を図っている。

 加えて、専用コンパウンドや最適化したパターン形状を採用。ウェット性能は従来品と同等レベルを維持し、パターンノイズの低減を実現した。

 なお、新商品は同社のグローバル商品として北米市場で4月から発売開始した。今後は同地域でのサイズ拡充や、7月以降はアジア各国での発売を予定している。


[PR]

[PR]

【関連記事】