ニュル24時間レースでチームFALKENの2台が完走

シェア:
カテゴリー: ニュース
総合9位となった「Porsche 911 GT3R」
総合9位となった「Porsche 911 GT3R」

 現地時間の5月10日から13日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「第46回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で、住友ゴムの「FALKEN Motorsportsチーム」として参戦した「Porsche 911 GT3R」が総合9位、「BMW M6 GT3」は総合15位で完走した。

 「Porsche 911 GT3R」は2番手、「BMW M6 GT3」は21番手から決勝をスタート。深夜から雨が降り始め、終盤では濃霧の影響でレースが一時中断するなど、激しいコンディション変化があったものの、FALKENタイヤはドライ、ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮した。

 また、 住友ゴム工業がタイヤを供給している「SUBARU WRX STI」(スバルテクニカインターナショナル)は、SP3Tクラスにおいて5度目となるクラス優勝を果たした。


[PR]

[PR]

【関連記事】