ミシュラン 小型ホイールローダー用のオールシーズンタイヤ9月に発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
MICHELIN Cross Grip
MICHELIN Cross Grip

 日本ミシュランタイヤは4月18日、小型ホイールローダー用のオールシーズンタイヤ「MICHELIN Cross Grip」(ミシュラン・クロスグリップ)を9月より販売すると発表した。発売サイズは440/80R24(16.9R24互換)で価格はオープン。

 新商品は低温でも柔軟性を保つコンパウンドを採用したことなどにより、雪上路面でもグリップを確保したほか、舗装路から芝生、雪に覆われた路面でも優れた操舵性と作業性を発揮できる。

 また、アンダートレッドにスチールベルトを配置することで耐パンク性能や耐荷重性能に優れているほか、接地面積が大きく接地面が安定することで牽引力および耐摩耗性が向上し、ランニングコストが大きく下がるという。

 なお、「クロスグリップ」は回転方向指定が無いため、前進・後進走行でもパフォーマンスが変わらず、安全性向上と作業時間の短縮に繋がるというメリットもある。

 同社では「市街地の公共工事や産業廃棄物処理、除雪作業などにおいて季節を問わず対応できることが大きな特徴」としている。

関連:ミシュラン、生産財タイヤ市場で攻勢 国内初の大型イベント実施


[PR]

[PR]

【関連記事】