カー用品小売団体がパーキングエリアでタイヤ安全点検を啓発

シェア:
カテゴリー: ニュース

 APARA(自動車用品小売業協会)は4月11日、京葉道路・幕張パーキングエリア(千葉市)でNEXCO東日本主催の「春の全国交通安全運動」に協力し、タイヤ安全啓発イベントを実施した。

 当日はAPARAから計11名のスタッフが参加し、タイヤ安全点検啓発チラシや残溝チェックカードを配布するなど、ドライバーに空気圧点検をはじめとするメンテナンスの重要性を訴えた。

 同会では、「この機会を通して、ドライバーのタイヤ点検への意識を高めていきたい。特にゴールデンウィークに向けて高速道路に乗る方などに、事故の未然防止のためのメンテナンスの大切さを伝えていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】