ミシュラン、エアレスタイヤを2019年に国内で販売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「MICHELIN X TWEEL SSL」を装着したスキッドステアローダー

 日本ミシュランタイヤは5日、産業機械のスキッドステアローダー用のエアレスタイヤ「MICHELIN X TWEEL SSL」を2019年に国内市場に導入すると発表した。

 同商品は2012年から北米市場などで販売しており、主に建設現場や道路舗装工事、農業などの作業現場で使用されている。優れた乗り心地で作業者の疲労低減に繋がるほか、パンクによる作業中断がなくなることで生産性の向上が期待できる。

 エアレスタイヤは複数のタイヤメーカーが開発に取り組んでいるが、日本国内で実用化するのは今回が初めてとなる。ミシュランではまず市販用として1サイズを導入する予定。価格は同社製ラジアルタイヤの3倍強を想定しているが、複数回のリトレッドが可能なため、トータルでのコストメリットは大きいという。

 TWEEL(トゥイール)は、ミシュランが2005年に発表したタイヤとホイールを一体化させるコンセプト。同社は2014年に米サウスカロライナ州にトゥイール専用工場を開設した。これまで北米やカナダでスキッドステアローダーや芝刈り機用として販売しており、2018年には欧州での販売も始めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】