横浜ゴム 2018年のモータースポーツ活動計画発表

シェア:
カテゴリー: ニュース
2017年の「SUPER FORMULA」シリーズ

 横浜ゴムは3月10日、2018年のモータースポーツ活動計画を発表した。同社ではタイヤ事業のグローバル展開の一環と位置づけ、国内外での幅広いモータースポーツ活動を通して、ヨコハマタイヤの認知度向上を図っていく。

 今シーズンは「FIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)」や、2016年からワンメイク供給を開始した“アジア最高峰のフォーミュラレース”である「全日本スーパーフォーミュラ選手権」へタイヤ供給を行う。

 また2011年からワンメイク供給を開始した「全日本F3選手権」にも引き続きタイヤを供給し、日本で開催されているレースカテゴリーの中で最も長い歴史を有するこのカテゴリーの足元を支える。

 さらに「SUPER GT」や「全日本ラリー選手権」、海外では欧州の「VLN耐久選手権」、北米で開催される「ポルシェGT3カップチャレンジUSA」「ポルシェウルトラ94 GT3カップチャレンジCANADA」など各地のレースや参加車両にADVANレーシングタイヤを供給する。


[PR]

[PR]

【関連記事】