ブリヂストン 米国子会社がTPMS「プレッシャースタット」を発表

シェア:
カテゴリー: ニュース
PressureStat
プレッシャースタット

 ブリヂストンの米国子会社であるブリヂストン・アメリカス・インクは1月31日、建設車両用タイヤ向けのタイヤ空気圧監視システム「プレッシャースタット」を発表した。現在は北米市場で購入が可能。

 同商品は、センサーが検知したタイヤの空気圧や温度のデータをモバイル端末に表示するシステム。ドライバーはリアルタイムで数値を確認でき、車両の稼働時間の最大化やコスト低減などに貢献する。

 また、同社が提供する「トレッドスタット」と組み合わせることで、ドライバー以外の管理者も空気圧などのデータを確認することができる。


[PR]

[PR]

【関連記事】