ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 4月16日に発売

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは1月16日、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を4月16日に発売すると発表した。また、発売に先駆けて会員制公式ウェブサイト「クラブミシュラン」で先行公開する。

 ミシュランガイドは、レストランやホテルを紹介するガイドブックとして100年以上の歴史がある。日本では2007年に「ミシュランガイド東京2008」、2009年に「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行しているほか、都道府県を対象とした特別版も発売している。現在は全国で15エリアをカバーしており、広島県は2013年以来2度目のセレクション、愛媛県は16カ所目の対象地域となる。

 同社のポール・ペリニオ社長は、「広島県の尾道と、愛媛県の今治を結ぶしまなみ海道がミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも一つ星として掲載され、海外からも注目を集め、両県を訪れる観光客が急増していると聞いている。地元の方のみならず、両県を訪れる観光客の方々にも、旅の目的となる施設を探していただける一助になることを望んでいる」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】