横浜ゴム 全日本スーパーフォーミュラ選手権に2スペックタイヤを供給

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは1月11日、2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権に、ドライタイヤとして現行のミディアムコンパウンドに加えて、新たにソフトコンパウンドタイヤを導入し2スペックを供給すると発表した。

 同レースはアジア最高峰のフォーミュラカーレース。今シーズンは全7戦で「2スペックタイヤ制」を導入することで、参加チームの戦略に幅が生まれ、コース上でのオーバーテイクやバトルの増加に繋がるなど、よりコンペティティブなレース展開が期待される。

 同社は2016年から優れたグリップ性能を維持しながら環境性能を高めた「ADVAN A005」(アドバン・エーゼロゼロゴー)とウェット用の「ADVAN A006」(アドバン・エーゼロゼロロク)を供給している。2016年の第4戦と、2017年の第4、5戦で限定的に2スペックタイヤを供給し、同レースに相応しいソフトコンパウンドタイヤの開発を進めてきた。

 


[PR]

[PR]

【関連記事】